• ホーム
  • 音楽
  • 【AKBドラフト】横山&島崎ら指名候補生宅を訪問

【AKBドラフト】横山&島崎ら指名候補生宅を訪問

 『第2回AKB48グループドラフト会議』(5月10日、東京・有明コロシアム)から3週間。改めて本人や家族の意思を再確認、受け入れ体制の説明などのため、交渉権を獲得したAKB48グループ13チームの代表メンバーが5月31日までに、指名した候補生を家庭訪問した。

【写真】その他の写真を見る


 3チーム競合の末にAKB48チームAが1位指名した樋渡結依の実家には、自ら交渉権を引き当てた島崎遥香と次期総監督の横山由依が訪問し、改めて「チームAに入って一緒に頑張ってほしい」との想いを伝えた。

 第1期生オーディション中で、まだチーム自体がないNGT48からはキャプテンの北原里英と今村悦朗劇場支配人が、24日にNGT48劇場の所在地発表記者会見を行う前に1巡目で指名した西潟茉莉奈の実家を訪問。1期生の重みや熱意を伝え、家族からもグループ加入の承諾をとりつけた。

 家庭訪問以外にも保護者を含めた面談が30日に実施されており、意思確認の結果は改めて報告される予定。今回、チーム入りを承諾した指名候補生は各チーム所属の研究生として、正規メンバー昇格を目指して活動していく。



関連写真

  • チームAが1位指名した樋渡結依の実家を訪れた島崎遥香(左)と横山由依 (C)AKS
  • SKE48チームSの宮澤佐江(左)と北川綾巴(右)が一色嶺奈(中央)宅を家庭訪問 (C)AKS
  • NMB48チームNの上西恵(左)と須藤凜々花(右)が本郷柚巴(中央)宅を家庭訪問 (C)AKS
  • HKT48チームHの坂口理子(左)と穴井千尋(右)が松岡はな(中央)宅を家庭訪問 (C)AKS

オリコントピックス