• ホーム
  • 音楽
  • FACT、EPゲリラ無料配布の意図「足を運ぶことでしか出会えない音楽がある」

FACT、EPゲリラ無料配布の意図「足を運ぶことでしか出会えない音楽がある」

 ロックバンド・FACTが約1年ぶりとなるフルアルバム『KTHEAT』(3月4日発売)リリース前に、先行EP(ミニアルバム)を全国のCDショップでゲリラ的に無料配布していることが明らかになった。

 『KTHEAT』に収録される未発表の新曲5曲入りのEPは、17日未明から全国のCDショップで配布を開始。ジャケットは、昨年千葉・幕張メッセで行われたロックフェス『Rock-O-Rama』の会場内で行われたライブペインティングで完成したグラフィティの帯がついているだけのシンプルなもの。発見したファンらが「見たことのないCDがあった」「まさかの新譜!?」とSNSに投稿し、一気に情報が拡散した。

 公式サイトなどでの告知は一切行わず、結成15周年記念の特設サイトで一見バグのような意味不明の数字が羅列されていたのが唯一のヒントだった。数字は無料配布が行われている場所の緯度と経度を示しており、それに気づいたファンがショップで発見した見たこともないEPをレジに持って行くと価格「0円」と表示され、無料でゲットできる仕組み。無料EPがレジを通るたびに、一定の法則で数字が減るカウントダウンも表示されている。

 同バンドはたびたび「実際に足を運ぶことでしか出会えない音楽がある」と話しており、今回の企画も「インターネット上で手軽に音楽や情報を得ることができる時代に、レコード店の存在意義を問う意図があった」という。「レコード店は、音楽を“探す”場所であり、音楽を“発見”する場所。自分たちを“発見”してくれた場所で、また“探す”という体験をして欲しい、新たな音楽と出会う喜びを感じて欲しい」という想いが込められている。

 きょう18日になってFACTの公式ツイッターが更新され「既にゲットした人もいるみたいだけど、『KTHEAT』から先行EPを全国にバラ撒いたよ。聴いたら、感想を聞かせて欲しい」と投稿。「先行EPの件で、店舗に電話での問い合わせは、営業の妨げになるからやめてあげてね。足を運んで、何かを発見する場所がレコード店。だから、是非、足を運んで自分の目で確かめて欲しい」と呼びかけている。

■FACT15周年記念サイト
http://fact15th.jp/



関連写真

  • 全国のCDショップで無料配布された新アルバム収録曲5曲入りのEP(ミニアルバム)
  • 「聴いたら、感想を聞かせて欲しい」と発信したFACT

オリコントピックス