• ホーム
  • 音楽
  • 2月8日がビクター犬“ニッパー”の記念日に

2月8日がビクター犬“ニッパー”の記念日に

 「ビクター犬」として長年親しまれている英国生まれの“ニッパー”にちなみ、2月8日が「ニッパーの日」として、日本記念日協会認定の記念日に登録された。

 ニッパーはかつて実在した犬で、1884年に英国で誕生。いつも来客の足を噛もうとしていたことから、飼い主の画家が「噛む」を意味する「ニップ」から名づけた。

 ニッパーといえば蓄音機に耳を傾けているマークが思い浮かぶが、これは亡くなった飼い主の弟・フランシスが、蓄音機で録音していた生前の兄の声をニッパーに聴かせたところ、懐かしそうに聴き入る姿に感動して描いたもの。フランシスはその絵に「His Master’s Voice(彼の飼い主の声)」とタイトルをつけた。

 このストーリーに感銘した円盤式蓄音器の発明者エミール・ベルリナーが、1900年にこの名画を商標として登録。その後、商標を引き継いだ米国ビクタートーキングマシーン社が1927年に日本法人「日本ビクター」を設立。ビクター製のテレビやステレオなどにこのマークがつけられ、今でも大手レコード会社ビクターエンタテインメントのCDパッケージの裏などに刻まれている。

 昨年、初代ニッパー大使に就任したシンガー・ソングライターの山崎あおいは「130年の時を経て、自分の記念日が遠く離れた日本で、しかもダジャレで制定されるなんて、イギリスのニッパーくんは、夢にも思わなかったでしょうね。この先何年たっても2月8日は『〒(郵便マーク)の日』『ロカビリーの日』と並んで我らがニッパーの日となって、初代大使としては、とてもうれしく思っています」と大喜び。「ニハチといえば、蕎麦よりもニッパーとなるよう頑張ります!」と意気込む。

 ビクターの公式Facebookには、小泉今日子木村カエラら所属アーティストとニッパーの記念写真が多数掲載されているが、順次撮り下ろしカットを公開予定。また、3月14日に千葉・幕張メッセ国際展示場で開催される『ビクターロック祭り2015』には5メートルの巨大ニッパーバルーンが登場するほか、コラボグッズも販売される。

■ニッパー×アーティスト フォトアルバム(Facebook)
http://on.fb.me/15N8HEr



関連写真

  • 2月8日が“ビクター犬”ニッパーの記念日に
  • 昨年「ニッパー大使」に就任したシンガー・ソングライターの山崎あおい

オリコントピックス