• ホーム
  • 音楽
  • AKB新曲センターにHKT16歳・宮脇咲良抜てき

AKB新曲センターにHKT16歳・宮脇咲良抜てき

 AKB48が17日、東京・日本武道館で行われた『第5回じゃんけん大会』で、11月26日発売の38枚目のシングル(タイトル未定)の選抜メンバーを発表した。注目のセンターは、総選挙1位の渡辺麻友(20)、同11位に大躍進したHKT48兼AKB48の宮脇咲良(16)の2人に決定。HKTでもセンター未経験の宮脇は泣き崩れ、高橋みなみや渡辺に抱きかかえられるようにステージに上がった。

 総合プロデューサーの秋元康氏がトークライブアプリ「755」で、「スタッフがいろいろなメンバーを推薦するので選抜メンバー会議が荒れています」と明かしていたとおり、初選抜7人を含む32人の名前が次々と読み上げられた。

 大所帯のセンターを務める渡辺は「今回選抜メンバーがガラリと変わって、次の時代を担う若手メンバーがたくさん入ってきています。そして、Wセンターに選ばれた宮脇咲良ちゃんと一緒に新しいAKB48を作り上げていきたいと思います」と意気込みを語った。

 総選挙では2位の指原に次ぐ、11位に大躍進した宮脇だが、HKTのシングル(4作)では、センター未経験。いきなりAKBのセンターに大抜てきされ、「急なことなので、まだ気持ちの整理できていないんですけど、最初に聞いたときにはセンターに立ったことがないので“私でいいのかな?”って思ってしまいました」と胸中を告白。「初めて、しかもAKB48のセンターということで、不安もありますが、麻友さんという大先輩が隣にいるので、麻友さんについて頑張りたいと思います」と宣言した。

 泣きじゃくる宮脇にずっと寄り添っていた渡辺は「咲良ちゃんは、選ばれるべくして選ばれたセンター。次のAKB48グループを背負っていってほしい貴重な存在の一人なので、今回、一緒にWセンターをできることがうれしい。咲良ちゃんとともに頑張っていきたいです」と10代の台頭を喜んだ。

 同曲の選抜メンバーは以下のとおり。渡辺麻友、宮脇咲良(HKT兼AKB)、松井珠理奈(SKE兼AKB)、島崎遥香指原莉乃(HKT)、入山杏奈、高橋みなみ、白間美瑠(NMB)、小嶋陽菜川本紗矢松井玲奈(SKE兼乃木坂)、木崎ゆりあ森保まどか(HKT)、川栄李奈武藤十夢須田亜香里(SKE)、柏木由紀加藤玲奈横山由依大和田南那高橋朱里山本彩(NMB兼AKB)、向井地美音宮澤佐江(SNH兼SKE)、小嶋真子生駒里奈(乃木坂兼AKB)、峯岸みなみ田野優花渡辺美優紀(NMB兼SKE)、大島涼花兒玉遥(HKT兼AKB)、中野郁海(AKBチーム8)の32人が選ばれた(発表順)。



関連写真

  • センターが発表され、泣き出す宮脇咲良(左)を優しくリードする渡辺麻友(右)(写真:鈴木かずなり)
  • HKT48・宮脇咲良(C)AKS
  • 新・選抜メンバー(写真:鈴木かずなり)

オリコントピックス