B’z稲葉、“憧れ”のLOUDNESS二井原と初対談「追っかけだった」

 B’zのボーカル・稲葉浩志(49)が、LOUDNESSのボーカル・二井原実(54)と対談したことが23日、わかった。稲葉は「追っかけだった」と公言するほどのラウドネスの大ファン。これまであいさつ程度しか言葉を交わしたことがなかったという二井原と、1時間以上にわたって語り合った映像を自身の公式サイト『en-zine(エンジン)』で公開した。

 稲葉は今年2月にソロプロジェクトを始動するとともに、自身の公式サイトを開設。「会ってみたい人、話してみたい人」にオファーし、双方の共通の話題を談義するコンテンツを展開しているが、「ぜひ、この機会に二井原さんとお話ししてみたい」と熱望し、二井原が快諾した。

 ワールドワイドに活躍し、多くのアーティストに影響を与えた二井原は、稲葉がボーカリストを志すきっかけとなった憧れの存在。進行役に音楽評論家の伊藤政則氏を迎え、終始笑いの絶えないなかでロックボーカリスト談義を繰り広げた。

 先月29日には同企画第1弾として、福山雅治と2人の共通趣味である総合格闘技イベント「UFC」について語り合った映像が公開され、話題を呼んだ。

■二井原実×稲葉浩志 Vocalist対談(PC・スマホ共通)
http://en-zine.jp/pc/fate/

オリコントピックス

メニューを閉じる