アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • JKT48初の総選挙 仲川遥香が健闘3位「感謝の気持ちでいっぱい」

JKT48初の総選挙 仲川遥香が健闘3位「感謝の気持ちでいっぱい」

 AKB48の海外姉妹グループでインドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48が26日、初の『選抜総選挙』開票結果を発表。2012年11月にAKBから移籍した仲川遥香(22)が2位に9票差に迫る1万3276票を獲得し、本国のメンバーに交じって3位に食い込んだ。1位はJKTのキャプテン、メロディー・ヌランダニ・ラクサニ(22)が得票数1万4541票で初戴冠した。

 海外では初となる選抜総選挙。仲川は、3月15日に発表された第1回の中間発表で2位と好発進したものの、続く中間発表で14位。選抜上位16人のボーダーラインぎりぎりでの戦いを強いられたが、最終的に3位まで追い上げた。AKB時代の総選挙最高位は第2回(2010年)の20位だった。

 仲川は63万人のフォロワーを持つ自身のツイッターで、インドネシア語と日本語を駆使し「皆さんの応援のおかげでJKT48の総選挙!3位という順位をいただきました! 本当にありがとうございます! 感謝の気持ちでいっぱいです!」と喜びの報告。2月の大組閣でJKT兼任が解除され、本選挙の投票対象外だったAKB48の高城亜樹(22)からツイッターで祝福されると「ありがとう もっと頑張る!センター目指して^^」とさらなる向上心をみせた。

 堂々1位に輝いたのは、過去5枚のシングルのうち4作でセンターを務めてきたメロディー(もう1作は仲川)。「JKTの絶対的エース」の名にふさわしく、2度の中間発表も1位と完全勝利を収めた。この模様はインドネシアの地上波ANTVでゴールデンタイム(後7:00〜8:30)に生放送された。同選挙上位16人が歌う6thシングル(タイトル未定)は5月末に発売予定。

 なお、もう一つの姉妹グループ・中国・上海のSNH48も第1回総選挙を開催することが決まっており、宮澤佐江(SKE48兼)、鈴木まりや(AKB48兼)も出馬表明。来月中旬から投票開始予定で、7月26日に上海国際体操センターで開票イベントが行われる。仲川の活躍ぶりに宮澤は「はるか、やったね。はるかのファンの皆様も、やったね。すごいよ。本当にすごい。48グループに新しい希望をありがとう」とツイッターで祝福した。

■JKT48 6thシングル選抜メンバー
1位 14,541 メロディー・ヌランダニ・ラクサニ
2位 13,285 ジェシカ・フェランダ
3位 13,276 仲川遥香
4位 12,859 シャニア・ジュニアナタ
5位 12,015 ベビー・カエサラ・アナディラ
6位 11,872 ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア
7位 11,732 リカ・レヨナ
8位 10,031 デフィ・キナル・プトゥリ
9位 9,044 ガイダ・ファリシャ
10位 8,917 フィフィヨナ・アプリアニ
11位 7,149 ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア
12位 6,669 シンディ・ユフィア
13位 6,290 タリア
14位 6,259 アヤナ・シャハブ
15位 5,144 ジェニファー・ハンナ
16位 4,718 ジェシカ・ファニア



関連写真

  • インドネシア・ジャカルタのJKT48初の総選挙で3位に食い込んだ仲川遥香が涙と笑顔のスピーチ (C)JKT48 project
  • 堂々1位はJKT48キャプテンのメロディー・ヌランダニ・ラクサニ(C)JKT48 project
  • ファン投票で選ばれたJKT48 6thシングル選抜16人(C)JKT48 project

オリコントピックス