アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKBまゆゆらドラマ限定ユニット結成 横山由依&岩田華怜と主題歌歌う

AKBまゆゆらドラマ限定ユニット結成 横山由依&岩田華怜と主題歌歌う

 AKB48渡辺麻友(20)が18日スタートの新ドラマ『セーラーゾンビ』(毎週金曜 深0:52 テレビ東京・テレビ大阪 全12話)に出演することが10日、わかった。横山由依(21)、岩田華怜(15)とともにドラマ限定のアイドルユニット「ミルクプラネット」を結成し、ドラマと同名の主題歌も担当する。

 同ドラマはAKBの次世代を担う大和田奈那(14)、川栄李奈(19)、高橋朱里(16)が主演。ゾンビがはびこる終末世界を舞台に、奇跡的に生き残ったセーラー服の女子高生、乾舞子(大和田)、秋月百花(川栄)、小山田睦美(高橋)がゾンビと戦いながらも、恋あり友情ありの学園生活を繰り広げる。

 渡辺ら3人が演じるミルクプラネットは、アイドルを夢見る主人公・舞子があこがれるアイドルユニット。よきアドバイザーとして舞子の空想の中に現れたり、毎回ドラマ冒頭で放送回の見せ場を語るストーリーテラー的な役割も果たし、エンディングで流れる主題歌「セーラーゾンビ」も担当する。

 ミルクプラネットのマユ役を演じる渡辺は「ホラーものは怖がりなので苦手なのですが、自分でやるのは楽しいです!」と声を弾ませ、ユイ役の横山は「主題歌を担当し、ドラマにも出演することが、わたしの夢の一つだったので、今回ユニットではありますが、かなってとてもうれしいです。たくさんの人に愛してもらえるドラマ、そして主題歌になれたら」と期待を寄せた。

 ドラマの企画・総合演出を担当する犬童一心監督は、アイドルたちがゾンビへと姿を変えるコンセプトを立案。主題歌のミュージックビデオではミルクプラネットのゾンビ姿も披露されるとあり、カレン役の岩田は「実は、一番楽しみにしていたのは、ゾンビになれることだったんです! 普段から特殊メイクも好きで、自分でやって遊んでいたり、ホラー映画も好んで観たりしているので」と心から楽しんだ様子だった。

 渡辺は主演を務める次世代の3人に「期待されての大抜てきだと思いますし、この経験がさらに成長できるとてもいい機会だと思うので、このチャンスを活かして大きく羽ばたけたら先輩である自分もうれしいです」とエール。一方で、「このドラマがきっかけになって、ミルクプラネットとして今後AKB48のコンサートでも歌ったり、いろいろと展開していけたら」と自身らのユニットのさらなる可能性にも期待していた。



関連写真

  • ドラマ主人公が憧れるアイドルユニット「ミルクプラネット」を演じる(左から)AKB48の岩田華怜、渡辺麻友、横山由依
  • かわいいアイドル役から一転、ゾンビ姿も披露

オリコントピックス