ORICON NEWS

hitomi&MAXがボディコンで悩殺 “アラフォー”バンド結成

 デビュー20周年を迎えるhitomi(38)が、配信シングル「バラユメ collaboration with MAX」(18日発売)のミュージックビテオで、女性グループ・MAXとバンドを結成したことが18日、わかった。両者とも映像で他アーティストとコラボレーションしたのは初となる。

hitomiの新曲MVでMAXとアラフォーバンド結成(左からMINA、hitomi、LINA、NANA)

hitomiの新曲MVでMAXとアラフォーバンド結成(左からMINA、hitomi、LINA、NANA)

写真ページを見る

 共演のきっかけは、放送作家の鈴木おさむ氏(41)がhitomiに「CANDY GIRL」(95年)のアンサーソングを作ってほしいと依頼。当時19歳のhitomiがハタチ目前の心境を歌った「CANDY GIRL」に対し、アラフォーの気持ちを歌った「バラユメ」を作った。

 鈴木氏がプロデュースを手がけたMVでは、同世代のMAXとセクシーバンドを結成。hitomiがボーカルを務め、ギターのNANA(37)、ベースのMINA(36)、ドラムのLINA(37)がゴールドとシルバーのボディコンに身を包んで演奏するシーンや、若い男性を誘惑する肉食系女子の一面も披露する。

 hitomiは同世代のMAXとの共演について「10代20代と頑張ってきて、30代でこうしてコラボレーションできたのがうれしかったです! 頑張ってきたからこそ、今の私たちがある。そして、あの頃はどうだった〜とか、今だから話せる話ができたのもうれしかった」と感慨深げ。

 MAXのMINAは「すべてがとても新鮮で楽しかったです」と撮影を振り返り、NANAは「hitomiさんとMAXが思ってた以上になじんでいて、本当のガールズバンドのように感じました!!」と自信たっぷり。「ガールズバンドを組んでみたいなという思いがあった」というLINAは「今回その願いがかなってうれしかったですし、(hitomiとは)デビューも同時期で同世代なので空気感も相性がよくて、他にないカッコ良さが出せたと思います」と胸を張った。

 同曲はきょう18日から配信開始。YouTubeのエイベックス公式チャンネルではMVを公開中。
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索