米音楽界の重鎮、クライヴ・デイヴィス氏38年ぶりの来日

ホイットニー・ヒューストンやアリシア・キーズ、ジャニス・ジョプリン、ブルース・スプリングスティーン、サンタナ、バリー・マニロウなどの才能を発掘したことで知られ、現在、米ソニー・ミュージックエンタテインメントのCCO、制作部門の最高責任者であるクライヴ・デイヴィス氏が38年ぶりに来日。13年12月19日、東京・日本外国特派員協会で記者会見を行った。

大物プロデューサーの久々の来日とあって、会場には大勢の関係者が詰めかけた。今回の来日の目的は、自身が昨年上梓した著書『The Soundtrack Of My Life』の日本版の出版を狙った...

この記事の画像

  • 自著『The Soundtrack Of My Life』上梓を機に、38年ぶりに来日したクライヴ・デイヴィス氏
  • 記者会見会場の様子
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索