• ホーム
  • 音楽
  • HKT“ドラ1”山本茉央、ステージ一番乗り「人生で一番緊張」

HKT“ドラ1”山本茉央、ステージ一番乗り「人生で一番緊張」

 アイドルグループ・HKT48が19日、九州7県ツアーの鹿児島公演を行い、昨年11月の『ドラフト会議』で指原莉乃(21)らチームHが単独1位指名した山本茉央(17)がドラフト指名された19人中、一番乗りでステージデビューを飾った。

HKT指原、ドラ1山本さん実家に指名あいさつ 娘さんを下さい!? (13年11月16日)


 「相思相愛」で山本を一本釣りしたドラフト会議から2ヶ月余り。“入団”報告がなくファンをやきもきさせていたが、中盤の14曲目に差しかかったところで、サプライズが始まった。ドラフト会議当日同様「第一順選択希望候補 HKT48チームH エントリーナンバー21番 山本茉央 福岡県在住 高校2年、17歳」のアナウンスが再び流れ、山本が登場すると、場内のどよめきが大歓声に変わった。

 山本は、かつてAKB48の前田敦子(22)“絶対的エース”を決定づけた2006年の公演曲「渚のCHERRY」を、同曲のセンターの証である黄色の衣装でドキドキの初歌唱。バックは兒玉遥(17)、田島芽瑠(14)、朝長美桜(15)のエース級3人が固めるこのうえない演出で、期待値の高さをうかがわせた。

 「人生で一番緊張しました」と緊張を隠し切れない山本に、指原は「これから48人目のメンバーとして頑張ろうね」と激励。チームHキャプテンの穴井千尋(17)も「メンバーみんな茉央ちゃんが来るのを楽しみにしてました。これから一緒に力を合わせて頑張りましょう」とエールを送った。

 山本は同曲のほか「会いたかった」「未来の扉」「ロックだよ、人生は…」に出演。終演後「とても緊張しましたが、先輩たちが『頑張ってね』と声をかけてくださったり、お客さんの声援やペンライトの光がとてもきれいで、緊張がほぐれました。とても楽しかったです。これからHKT48メンバーの一員として、活動を頑張ります」と気持ちを新たにしていた。

 なお、夜公演では劇場支配人を兼任する指原が、HKT48の3rdシングル(タイトル未定)を3月12日に発売することを発表し、ファンを喜ばせた。



関連写真

  • ドラフト生一番乗りでステージデビューを飾ったHKT48の山本茉央(C)AKS
  • 「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」鹿児島公演の昼公演でステージデビューした山本茉央(左)と激励した指原莉乃(C)AKS
  • 「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」鹿児島公演で山本茉央がデビュー(写真左から田島芽瑠、山本、指原莉乃、朝長美桜)(C)AKS
  • 「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」鹿児島公演でステージデビューした山本茉央(C)AKS
  • 「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」鹿児島公演でステージデビューした山本茉央(C)AKS
  • 故郷・鹿児島に“凱旋”したHKT48宮脇咲良(C)AKS
  • 故郷・鹿児島に“凱旋”したHKT48宮脇咲良(C)AKS
  • 故郷・鹿児島に“凱旋”したHKT48宮脇咲良(C)AKS
  • 地元福岡在住の高校2年生でHKT48・チームHがドラフト1位指名した山本茉央(C)AKS

オリコントピックス