℃-ute、念願の初武道館公演で涙「大きな夢」

 5人組アイドルグループ・℃-uteが10日、東京・日本武道館でコンサート『Queen of J-POP〜たどり着いた女戦士〜』を開催した。同公演はきょう9月10日に公式認定された“℃-uteの日”にちなんで行われ、結成から9年目にして自身初となる同所での単独コンサート2日目。アンコールで鈴木愛理は「確実に歴史の中にいる℃-uteのメンバーだった3人にも感謝しなきゃいけないし、この3人があったから℃-uteだし5人になってからもたくさん思い出がつくれた」と感慨深げにコメント。

【写真】その他の写真を見る


 メンバーの中島早貴は「愛理泣いてないのに私が泣いちゃった」と照れ笑いを浮かべ「このライブで単独公演が201回目。まさか201回目が武道館なんて思ってなかったので本当に感謝でいっぱいです。300回、目指して頑張りたいです」と意気込んだ。

 荻原舞は「ずっと『武道館でやりたい』って言ってきて大きな夢を叶えることができて口に出せば叶うと実感できる武道館でした」と充実の表情。岡井千聖は「今まで家族には文句ばっか言ってきたけど幸せな空間を感じられることができて感謝しています」と思わず涙をみせた。

 最後にリーダーの矢島舞美もペンライトで埋め尽くされた会場を愛おしそうに見回すと「ここにちゃんと一人一人の顔があって、身体があって、気持ちがあって見守ってくれてるとおもったら凄いことだと思った」と言葉を詰まらせつつも「過去に辛いことも楽しいことも含めて一歩一歩来たから、今ここに立ててるんだと思います」と感謝した。

関連写真

  • 武道館コンサートを行った℃-ute
  • ゲストには森高千里も登場
  • ℃-ute武道館コンサートの模様

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索