アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 笹野高史、ドラマ『特捜最前線』のED曲歌う「年末は紅白か、Mステか」

笹野高史、ドラマ『特捜最前線』のED曲歌う「年末は紅白か、Mステか」

 俳優の笹野高史が、テレビ朝日系で26年ぶりに復活するドラマスペシャル『特捜最前線2013〜7頭の警察犬』(9月29日放送、後9:00〜11:10)のエンディング主題歌「私だけの十字架」を、当時のファウスト・チリアーノ氏に代わって歌うことが1日、わかった。

【写真】その他の写真を見る


 1977年から10年間にわたり同局系で放送され、大人気を博したドラマシリーズ『特捜最前線』。二谷英明、大滝秀治、本郷功次郎、藤岡弘、、西田敏行らキャスト陣の名演技、綿密に練られたストーリーなど、刑事ドラマの名作として数々の伝説を作り上げてきた。エンディングで「ジャカジャーン」というギターのイントロからはじまる主題歌「私だけの十字架」もその一つ。イタリア・ナポリ出身のチリアーノ氏が日本語で歌い、その哀愁漂う歌声とギターの音色でドラマの世界観を盛り立てた。

 今回、上川隆也主演で装いも新たに26年ぶりに復活するドラマスペシャルで、エンディング曲「私だけの十字架」も復活。歌い手に抜てきされた笹野は、“オヤジさん”こと杜氏梅吉(とうじ・うめきち)役で出演し、ストーリーに“渋味”を加えている。

 8月中に、都内のレコーディングスタジオで収録を終わらせていた笹野は、「最初、マネージャーから『歌える?』って聞かれて、軽い気持ちでボイスレコーダーに録音したものを送ったんですよ。そうしたら、マネージャーがそれをいつのまにかプロデューサーに送っていて! びっくりしましたよ、本当に歌うことになったときは」と笑いながら振り返った。

 笹野は2010年にNHK『みんなのうた』から生まれた「グランパツイスト」でCDをリリースしているものの、本業はもちろん俳優。笹野は「俳優はどんなことでも挑戦状をたたきつけられたら、やる!というのが僕の信条なので、一瞬にしていろんな構想が頭の中を駆け巡りましたよ。『年末は紅白歌合戦かな? ミュージックステーションかな?』とかね(笑) だから、夢とプレッシャーと、いろんなものが混じった心境でした…結果的にドラマの力になればいいです」とプライドをみせた。

関連写真

  • 26年ぶり『特捜最前線』でエンディング曲「私だけの十字架」も復活。歌うのは、俳優・笹野高史!(C)テレビ朝日
  • 哀愁漂う笹野の歌唱に注目(C)テレビ朝日
  • 26年ぶり『特捜最前線』でエンディング曲「私だけの十字架」も復活。歌うのは、俳優・笹野高史!(C)テレビ朝日

オリコントピックス