アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 大島優子、同期・秋元才加卒業セレモニーで号泣「おめでたいね」

大島優子、同期・秋元才加卒業セレモニーで号泣「おめでたいね」

 人気アイドルグループ・AKB48大島優子が22日、東京ドームで開催された5大ドームツアー東京公演初日で行われた秋元才加の卒業セレモニーで号泣した。秋元と同じ2期生の大島は「おめでたいね」と涙ぐみ「あの人、異端児っぽかったし、卒業してもきっと、AKBという枠を広げてくれた人だから、みんなのために道を開いてくれると思うんだ。私たちも負けずに頑張らないといけない」と語り、最後は笑顔で送り出した。

 昨夏、AKB48グループ念願だった東京ドーム公演を初めて成功させ、1年ぶりに“凱旋”した同公演は、ファン4万2000人による「さやか」コールで埋め尽くされた。会場に設置された巨大モニターに秋元の姿が映るたびにコールが起こり、「フライングゲット」ではセンターポジションに付いて、その大歓声を独り占めした。

 大島キャプテン率いるチームKメンバーと披露した「ウッホウッホホ」では、“ゴリラ衣装”をまとってドラミングしたりガッツポーズしたり、縦横無尽に走り回ったりと“大暴れ”した秋元。また、2期生の大島、梅田彩佳、小林香菜、宮澤佐江と共にチームKの1stステージ『PARTYが始まるよ』を再現し、「当時の衣装のまま」(宮澤)というミニスカ衣装で「スカート、ひらり」を披露。会場のボルテージは序盤から高まる一方だった。

 アンコールでも「さやか」コールは鳴り止まぬどころか大きくなるばかり。未発表だった秋元の卒業ソング「強さと弱さの間で」(発売未定)を、大島、宮澤、梅田、小林に加えて2期生OGの大堀恵河西智美増田有華松原夏海野呂佳代も駆けつけて熱唱。一筋の涙を流した秋元の傍らで、大島は主役よりも目立つほど泣きじゃくっていた。

 秋元が「AKB48を本当に愛してるし、本当にAKB48にいた日々は幸せな日々でした」と振り返るのをじっと聞き入っていた大島。ステージ上から立ち去る秋元を見送った大島は「東京ドームで卒業できると思ってなかったと思うよ。あんなに大きな“さやか”コール、聞いたことなかったよ。こんなにコールしてもらえて良かったねって思ったら、涙が出た」と、まるで親心のような心情を明かし、再び涙を拭っていた。

 「きょう、この日が来るのが実感沸かなくて」と語っていた総監督の高橋みなみは「才加の代わりはいません。7年半一緒にいましたが、愚痴をこぼしたことを聞いたことがない」と秋元のひたむきな姿勢を明かし「私たちも前を向いて歩いて行きたい」とメンバーたちを奮い立たせていた。

 秋元は、今月28日に東京・秋葉原で行われるAKB48劇場での卒業公演をもって、同グループを卒業する。



オリコントピックス