華原朋美、7年ぶり単独ライブ決定 サプライズ発表に感涙

 歌手の華原朋美(38)が26日、この日発売されたセルフカバーベスト『DREAM -Self Cover Best-』の発売記念イベントを都内で開催した。終盤には華原に突如手紙が渡され、今秋に約7年ぶりとなる単独ライブの開催がサプライズ発表された。突然の朗報にファンから祝福の拍手が送られると、事前に知らされていなかった華原は「本当に!? うれしい!」と満面の笑みで喜び、去り際には感極まって涙を流しながら会場を後にした。

【写真】その他の写真を見る


 華原の単独ライブは、2006年9月の神奈川・ハーモニーホール座間でのライブ以来、実に約7年ぶり。「ずっとライブがやりたかった」と笑顔を見せた華原は「本当にこのライブができることになってうれしい。着々と未来に向けて生きていけてる自分がすごくうれしい」と大感激。ファンの前で「まだまだ華原朋美のやり直しの旅は始まったばかりで、これからも一つひとつ乗り越えていくことをここに誓います」と宣言した。

 発表後の報道陣の取材にも単独ライブは「本当に知らなかった!」と興奮気味。去り際の涙については「ちょっとうれしい涙が…」と照れ笑いを浮かべ、単独ライブに向け「体力をすごく使うと思う。長時間歌ったり踊ったりするので鍛えていきたい」とやる気十分だった。

 再始動からこれまでを振り返り「楽しい半年のような、すぐ経ってしまった半年のような気がします」としみじみ。今後については「年末の紅白歌合戦に出たいという大きな夢があります」と堂々明かし、「自分はまだ100%ではないので体調管理と人に迷惑かけないという基本的なことを守りながら頑張っていきたい」と意気込んだ。

 この日発売されたアルバムは、デビュー曲「keep yourself alive」、代表曲「I’m proud」など全10曲をセルフカバーし、オーケストラによる壮大なアレンジを加えた。「I BELIEVE」や「save your dream」などメドレー4曲を披露した華原が「きょうが一番うまく歌えた。すごく気持ちよかった!」と大興奮すると、ピアノ演奏を担当した本作のプロデューサー・武部聡志氏も「このまま終わるのは忍びないな…」と急きょ「I’m proud」も披露し、集まった約2000人のファンを沸かせていた。

 また、今秋開催の単独ライブの日程、会場等は決まり次第発表される。

関連写真

  • 念願の単独ライブ決定に満面の笑みを見せた華原朋美 (C)ORICON NewS inc.
  • 単独ライブ決定の手紙に満面の笑みの朋ちゃん (C)ORICON NewS inc.
  • イベントでの模様(左から)武部聡志氏と華原朋美 (C)ORICON NewS inc.
  • 突然の手紙に驚く華原朋美=『DREAM -Self Cover Best-』の発売記念イベント (C)ORICON NewS inc.
  • ミニスカートで美脚を披露した華原朋美=『DREAM -Self Cover Best-』の発売記念イベント (C)ORICON NewS inc.
  • セルフカバーベスト『DREAM -Self Cover Best-』の発売記念イベントで歌唱する華原朋美 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索