アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 武藤彩未が1980年代ソロアイドルを再現! キョンキョンや聖子の名曲歌う

武藤彩未が1980年代ソロアイドルを再現! キョンキョンや聖子の名曲歌う

 アイドルグループ・さくら学院の元メンバー、武藤彩未(17)のソロ第1弾プロジェクトの詳細が10日、明らかになった。女性ソロアイドル全盛期の1980年代の音楽を完全再現するプロジェクト「DNA1980」で、小泉今日子や松田聖子らの名曲をカバーする。

 サザンオールスターズ福山雅治らを擁する大手芸能事務所アミューズ初のソロアイドルとして始動する武藤。当の本人は1996年生まれだが、両親の影響もあって、かねてより1980年代の音楽に憧れており、まずはソロアイドルの“原点”にアプローチする。

 同プロジェクトには日本を代表する音楽プレーヤーたちが、当時と同じレコーディング方法の中でニュアンスやサウンドなど細部にわたってこだわり、音色までも当時のサウンドを完全再現。全曲生演奏で武藤の歌声と共に名曲を“復活”させる。

 今回発表するのは2作品。『DNA1980 Vol.1』には小泉今日子の「素敵なラブリーボーイ」(オリジナルは林寛子)、松田聖子の「チェリーブラッサム」、堀ちえみの「リ・ボ・ン」、斉藤由貴の「悲しみよこんにちは」の4曲。『DNA1980 Vol.2』には、河合奈保子の「スマイル・フォー・ミー」、松田聖子の「青い珊瑚礁」、石川秀美の「涙のペーパームーン」、浅香唯の「セシル」の4曲を収録する。

 同2作は、現時点では7月19日に東京・渋谷O-EASTで開催されるソロお披露目ライブ『LIVE DNA1980』の会場限定で販売。1980年代のビジュアルを表現するため、アナログLP盤と同サイズのジャケットサイズ(314mm×314mm)にブックレットを同梱、さらにシリアルナンバーの刻印、武藤本人の直筆サイン入りとなっている。

■武藤彩未(むとう・あやみ)…8歳の頃に子供服ブランドのカタログモデルとしてデビュー。子供ファッション誌『Kids Style』(オリコン)の専属モデルとして表紙などに起用され、少女マンガ誌『ちゃお』(小学館)のメインCMモデルにも抜てきされた。2008年には1年間限定で結成されたユニット・可憐Girl’sにAYAMI名義で参加し、「Over The Future」をリリース。2010年4月に結成されたさくら学院では、初代生徒会長として約2年間活動した。自身の誕生日でもある今年4月29日にソロアイドルとして活動すると発表した。



関連写真

  • 『DNA1980 Vol.1』のジャケット写真
  • 『DNA1980 Vol.2』のジャケット写真

オリコントピックス