5人組グループTRFが20日、東京・Zepp DiverCityで行った20周年記念ツアー最終公演に、グループの生みの親である音楽プロデューサー・小室哲哉がサプライズで登場。ボーカルのYU-KIは感極まって涙した。 メンバーに花束を手渡した小室は「モチベーションという言葉を日本で初めて使ったのはTRF。そのモチベーションを20年間保ち続け、歌い続けてくれた5人に感謝しています」と祝福。YU-KIは「ありがとうございます」と涙ながらに感謝し、共に歩んだ歴史をかみしめた。

この記事の画像

  • 20周年記念ツアー最終公演でファンに感謝する小室哲哉(左から3人目)とTRF
  • 小室哲哉のサプライズ登場に感激するTRF
  • 躍動感あふれるパフォーマンスで全24曲を披露
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索