アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • AKB板野友美、ソロ新曲MVをNYで撮影「ずっと憧れていた」

AKB板野友美、ソロ新曲MVをNYで撮影「ずっと憧れていた」

 AKB48からの卒業を発表した板野友美(21)が、ソロ第4弾となる1年2ヶ月ぶりのシングル「1%」を6月12日に発売することが19日、わかった。ミュージックビデオはAKBの派生ユニット、ソロでは初の米ニューヨークで摩天楼の夜景をバックに撮影。米女優で歌手のテイラー・モムセン(19)とのCM撮影も行われ、現地のパパラッチを過熱させた。

【写真】その他の写真を見る


 AKB卒業発表(時期未定)に続き、『第5回選抜総選挙』(6月8日開票、横浜・日産スタジアム)へのまさかの出馬でファンを驚かせた板野が、総選挙直後にソロ第4弾シングルを発売する。同曲は、AKB48からのソロ第1号として発売されたデビュー曲「Dear J」(2011年1月発売)以来のダンスナンバー。「1%」の可能性にかけようとする恋心を歌う。

 板野の真骨頂ともいえるダンスシーンは、ニューヨークの摩天楼をバックに撮影。ソロでは初となる男性ダンサーとの共演で攻撃的なダンスを披露し「ずっと憧れていたNYで撮影しました。衣装もPVも何回も何回も打ち合わせをして、すばらしいものになったはず。お楽しみに!」とファンにメッセージを送った。

 ニューヨークのショッピング街ソーホーでは、「サマンサベガ」の新CM撮影も敢行。ドラマ『ゴシップガール』出演などで世界的人気の女優・テイラーとの日米サマンサミューズの共演に、続々と集まった地元パパラッチがヒートアップしていた。同CMは5月末から放送予定。



関連写真

  • 米ニューヨークでソロ第4弾シングル「1%」のMV撮影を行った板野友美
  • 摩天楼の夜景をバックにダンスシーンを撮影した
  • 海外ドラマ『ゴシップガール』で知られるテイラー・モムセンとCMで共演
  • ニューヨークのソーホーでサマンサベガの新CM撮影も行った

オリコントピックス