女優の真木よう子が、7年ぶりの単独主演映画『さよなら渓谷』(大森立嗣監督・6月22日公開)のエンディング曲「幸先坂(さいさきざか)」でCDデビューすることがわかった。同楽曲は、真木と親交深いシンガー・ソングライター、椎名林檎が書き下ろしたナンバーで、5月27日に発売される。 真木は、2011年にTOKYO No.1 SOUL SETの20周年記念アルバムで往年のヒット曲をカバーした経験はあるものの、本人名義での本格的な歌手活動は今回が初。真木は「歌手ではない私が歌うなら、信頼できる方とご一緒したい」と思い、5〜6年前に知り合って頻繁にメールをやりとりしていた椎名を指名。今回のコラボが実現していた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索