バンプ、13年目でついに初ベスト! 初スタジアム・初武道館公演も決定

 人気バンド・BUMP OF CHICKENが初のベストアルバム『BUMP OF CHICKEN I<1999-2004>』『同II<2005-2010>』を7月3日に2枚同時発売することが11日、わかった。メジャーデビューから13年目でついに発売される初ベスト2作購入者特典として、初のスタジアムライブを8月9日に地元・千葉のQVCマリンフィールドで行うことも決まった。

 ボーカル・藤原基央の34歳の誕生日(4月12日)に、バンプが“初ものずくめ”の発表を行った。近年、2〜3年の短期間でベスト盤を発売するアーティストが増えるなか、バンプのベストは1996年の結成から17年、2000年9月のメジャーデビューから13年目で初となる。

 このタイミングで初ベスト発売に踏み切った理由についてメンバーは「最近新たに出会えたリスナーの方に、僕たちの今までを知ってもらえるにはどうしたら良いかと考えた結果、ベスト盤という形態にたどりつきました」と説明。

 『〜I<1999-2004>』には代表曲「天体観測」(01年)、インディーズ時代からの人気曲「ガラスのブルース」、劇場版『ワンピース』主題歌「sailing day」(03年)など全14曲を収録。『〜II<2005-2010>』には人気RPG『TALES OF THE ABYSS』主題歌「カルマ」(05年)、映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』主題歌の「花の名」(07年)など、アルバム『COSMONAUT』(2010年12月発売)までの作品から全13曲が収められる。

 選曲についてメンバーは「基本的にはシングル集です。ただ、インディーズの頃は、シングルそのものの数が少なかったため、当時のアルバムから新たに、スタッフに選んでもらいました(自分たちでは選べないので)」と明かし「自分たちにとっては、バンドの歴史を客観的に振り返ることができるアルバムになりました。ずっと応援してくれているリスナーの方にもそのように触れていただけたら幸いです」とファンにメッセージを送った。

 2作購入者限定封入特典として、8月9日に千葉・QVCマリンフィールドでライブを開催。4人は県内の幼稚園時代からの幼なじみとあり、初のスタジアムライブは地元の球場を選び、4万人の動員を予定する。

 また、本作を引っさげたツアー『2013 TOUR「WILLPOLIS」』(7都市全11公演)を9月9日の名古屋・日本ガイシホール公演からスタート。同ツアーのファイナルは、これもまたバンプ初となる東京・日本武道館公演で締めくくる。

■『BUMP OF CHICKEN I<1999-2004>』収録曲
01. ガラスのブルース
02. くだらない唄
03. ランプ
04. K
05. ダイヤモンド
06. 天体観測
07. ハルジオン
08. Stage of the ground
09. スノースマイル
10. ロストマン
11. sailing day
12. アルエ
13. オンリー ロンリー グローリー
14. 車輪の唄

■『BUMP OF CHICKEN II<2005-2010>』収録曲
01. プラネタリウム
02. カルマ
03. supernova
04. ギルド
05. 涙のふるさと
06. 花の名
07. メーデー
08. R.I.P.
09. Merry Christmas
10. HAPPY
11. 魔法の料理〜君から君へ〜
12. モーターサイクル
13. 宇宙飛行士への手紙

>> BUMP OF CHICKEN特設サイト

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

  • oricon news

  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha
  • デビュー
  • 音楽ダウンロードのオリコンミュージックストア

 を検索