たかみな、22歳の始まりも涙「一番楽しいと思える1年に」

 今月3日にソロデビューしたAKB48高橋みなみが22歳の誕生日を迎えた8日、都内で誕生日イベントを開催した。

【写真】その他の写真を見る


 イベント直前、楽屋でスタッフから「お客さんが3分の1しか入っていない」とドッキリを仕掛けられた高橋は、ショックと不安を隠せないまま会場入り。しかし、実際には満員のファン100人に温かい拍手で迎えられるサプライズに安堵の涙があふれ、ファンも「ドッキリ大成功」に冒頭から大盛り上がりをみせた。

 スタッフが選んだ「高橋みなみの名言ベスト5」を秘蔵映像とともに懐かしく振り返り、終始笑いの絶えない和やかな雰囲気に。ソロとしてやりたかったことの一つというファンへの「振り付け指導」も行い、ソロデビュー曲「Jane Doe」を披露。ファンも一体となって一緒に踊った。

 昨年8月25日、「興奮しすぎて記憶がない」という東京ドーム公演でのソロデビュー発表を経て、夢の第一歩を踏み出した21歳を「あっという間で、怒とうの1年だった」と振り返った高橋は「今年がまた一番楽しいと思える1年にしたい」と抱負を語った。

関連写真

  • ドッキリ大成功で思わず涙の高橋みなみ
  • 大きなバースデーケーキにニッコリ
  • 22歳の誕生日当日にファン100人から祝福された高橋みなみ
  • 22歳の誕生日当日にファン100人から祝福された高橋みなみ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索