【オリコン】1D、来日効果で海外男性20年ぶり快挙 オリジナル盤2作がTOP10入り

 17日に初来日した英5人組ボーイズグループ、ワン・ダイレクションの1stアルバム『アップ・オール・ナイト』(昨年8月発売)、2ndアルバム『テイク・ミー・ホーム』(昨年11月発売)が、2/4付週間ランキングで同時にTOP10入りした。

 来日効果を受けて前々週24位から4位にランクアップした『テイク〜』は、さらに一つ順位を上げて3位。『アップ〜』は前週13位から、昨年8/27付(8位)以来5ヶ月ぶりのTOP10入りで最高位(6位)を記録した。

 海外アーティストによるオリジナルアルバム同時TOP10入りは、マドンナの『MDNA』(4位・昨年3月発売)、『ザ・コンプリート・スタジオ・アルバムズ』(9位・昨年3月発売)が記録した昨年4/9付以来10ヶ月ぶり。男性アーティストでは1992/4/27付のブルース・スプリングスティーン(『ヒューマン・タッチ』=7位・1992年4月発売、『ラッキー・タウン』=9位・1992年4月発売)以来、20年9ヶ月ぶりの快挙となった。



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコントピックス

メニューを閉じる