こじはる涙のボケで空気一変! あっちゃん船出のしんみりムード一掃

 人気アイドルグループ・AKB48が26日、初の東京ドーム3daysの最終公演を行った。27日に卒業公演を控える前田敦子(21)は、アンコールで卒業ソング「夢の河」「桜の花びらたち」の2曲を涙ながらに歌唱。花びらが舞うなか、一人でゴンドラに乗ってスタンド前の“花道”をパレードし、4万8000人のファンにあいさつした前田は、一足早くステージをあとにした。

 涙に濡れたメンバーはしんみりムードとなり、同期の高橋みなみ(21)は「敦子、いい顔してたね…」としみじみ。板野友美(21)は「まだAKBいてほしいなと思うし、引き止めたい気持ちもあるけれど、いつかは私たちも卒業する。あっちゃんに“待ってて”という前向きな気持ちで、最後は笑顔で送り出したいと思った」と心境を吐露した。

 峯岸みなみ(19)はボロ泣きしながらも「あっちゃんがいなくなってAKBはダメになったねと言われるのは、私たち自身もあっちゃんも悲しいと思うので、これまで以上に頑張っていこうと思いました」と宣言。篠田麻里子(26)が「そうだね。私たちは後輩を育てるという使命があるからね」と真摯に語ると、場内から拍手が送られた。

 この神妙な空気を、MCでは必ず一笑いかっさらう小嶋陽菜(24)が一変。「あっちゃんは“夢の河”を渡っちゃったけど…今日の打ち上げには来てくれるかな」。こじはるの突拍子もないおとぼけコメントに仰天したメンバーは「何、その疑問」(大島優子)、「ウソやん…」(高橋)と総ツッコミし、場内は爆笑の渦に。

 「だって会いたいじゃん!」と本人はいたって真剣だったが、「泣いてるから、いいこと言うのかと思った…。あっちゃんは夢の河を渡って、自分の未来へ歩き出したんだからさ、現実的なこと言わなくていいんですよ」と高橋に諭され、「まさか泣きながらボケ言うと思わなかったよ」と大島に突っ込まれて湿っぽさを一掃。“新生AKB”のメンバーたちに笑顔が戻った。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索