HKTさしこ、じゃんけん予選は初戦敗退 キャプテン・穴井に負け“下克上”叶わず

 人気アイドルグループ・HKT48が6日、AKB48の29thシングル(12月発売予定)の選抜メンバーを決める『第3回じゃんけん大会』(9月18日/東京・日本武道館)の本戦出場をかけた予備戦を福岡・博多のHKT48劇場で開催。前日に同劇場デビューを果たした指原莉乃(19)は、初戦でチームHのキャプテン・穴井千尋(16)に敗れ、“古巣”での下克上は夢と散った。

 HKT48初参加となる「じゃんけん大会」の本戦出場を決めたのは、チームHの森保まどか(14)と中西智代梨(17)、研究生の江藤彩也香(14)の3人。“東京凱旋”を誓っていた指原は、予選一回戦で敗退し敢えなく姿を消した。

 同予備戦は、AKBから電撃移籍した指原を含む正規メンバー17人、研究生予備戦を勝ち抜いた江藤を含めた計18人が3ブロックに別れて行われた。見事に武道館の切符を手にした森保は「自分は今まで、運が良いとか悪いとか、気にしたことがなかったのですが、今日、初めて『運』というものを感じました!! 運試しに武道館に行ってきます!」と早くも気合十分。

 研究生予備戦から5戦全勝を果たした江藤は「いつもは、じゃんけん弱いのに、今日は5連勝出来ました。自分は本番に強いタイプかもしれません。この調子で武道館でも勝ち上がります!!」と自信を見せ、指原を下した穴井に勝って出場を決めた中西は「本番前に『私はパーで勝つ!!』と言って本番でも2回パーで勝ちました。武道館でもパーを出したいと思います」と早くも手の内を明かしていた。

 また、指原はイベント後にGoogle+で「負けたー!!! 笑 さーやん、もりやすちゃん、ちょり!がんばれー!!!」と、本戦出場を決めたメンバーにエールを送った。

関連写真

  • 1回戦で穴井千尋に敗れ崩れ落ちる指原莉乃(右) (C)AKS
  • 本戦への切符を勝ち取った3人(左から)江藤彩也香(研究生)、森保まどか(チームH)、中西智代梨(チームH) (C)AKS

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索