人気アイドルグループ・AKB48の13期研究生・光宗薫が7日、東京・日本武道館で行われた『第4回選抜総選挙』開票イベントから一夜明け、“圏外”となった悔しさをGoogle+で吐露した。“スーパー研究生”として注目を集めていた光宗は、64位以内に入れなかった結果に「ずっと泣いててごめん。悲しませてしまってごめんなさい。最後、会場を睨んでしまってすみませんでした。八つ当たりです。出直してきます」と、自らの行為をファンに謝罪した。 『2011年神戸コレクション』のモデルオーディションでグランプリ受賞をした異例の経歴を持つ光宗は、研究生でありながら連ドラに出演するなど注目を集めていたが、初の『選抜総選挙』は無念の圏外。それでも、期待を集める“大型新人”は「自分はもっとAKB48に全てを捧げなければいけない。けど明日からは絶対に負けない。次は負ける気がしないです」と物怖じしないコメントで、次への飛躍を誓っている。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索