アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • SKE“兼任”珠理奈、ついにAKB公演デビュー

SKE“兼任”珠理奈、ついにAKB公演デビュー

 SKE48松井珠理奈が1日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたAKBチームK公演に初出演した。3月24日にAKB48のさいたまスーパーアリーナ公演でチームKとの兼任がサプライズ発表されてから2ヶ月あまり。ついにAKB48劇場のステージに立った珠理奈は「きょうやっと、チームK公演の初日を迎えることができました」とあいさつ。自然に沸き起こった「珠理奈」コールに目をうるませた。

【写真】その他の写真を見る


 この日の出演は公にされていなかったことから、幕が開き、スポットライトが当たったメンバーの中に珠理奈を見つけたファンは騒然。「体育会系、チームK、唯一のJK、15歳の松井珠理奈です!」と自己紹介し、感極まって涙ぐむ場面もあったが、待ちに待ったステージに喜びを爆発させ、いつもに増して気合いの入ったパフォーマンス。全体曲および宮澤佐江、サイード横田絵玲奈(研究生)とともにユニット曲「奇跡は間に合わない」を披露した。

 同公演にはキャプテンの秋元才加をはじめ、板野友美峯岸みなみら人気メンバーも出演した。



関連写真

  • AKB公演デビューに感極まって涙ぐむ松井珠理奈 (C)AKS
  • 秋元才加、板野友美らチームKメンバーに囲まれてパフォーマンス(C)AKS
  • チームK6th「RESET」公演に初出演 (C)AKS
  • チームK6th「RESET」公演に初出演した松井珠理奈 (C)AKS
  • チームK6th「RESET」公演に初出演した松井珠理奈 (C)AKS
  • チームK6th「RESET」公演に初出演した松井珠理奈 (C)AKS

オリコントピックス