ももクロ、メジャーデビュー2年で初のドーム公演決定!

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが21日、横浜アリーナで『ももクロ春の一大事2012 横浜アリーナまさかの2DAYS』初日公演を行い、8月5日に西武ドーム公演を行うことが発表された。ゲストとして登場した松崎しげるが、同球場を本拠地とする埼玉西武ライオンズの球団歌「地平を駆ける獅子を見た」を熱唱すると、大型スクリーンに「西武ドーム」「収容人数3万人」の文字が踊った。

 公演タイトルどおりの「一大事」にメンバーは呆然。松崎から促され、衣装のユニフォームの胸のロゴのマジックテープをはがすと「Lions」の文字が現れた。球団マスコットのレオとライナに祝福されたメンバーは「だからユニフォームだったんだ」「なんで気づかなかったんだろう…」と悔しがりながらも、「今回の2daysを合わせた人数(2万5000人)がいっぺんに来るんでしょ?くぅー!」と喜び、「今から8月空けといて!」「みんな一人ずつ友達呼んでね」と声を弾ませた。

 同グループは、2008年5月に「ももいろクローバー」を結成。数度の加入、脱退を経て、2010年5月にメジャーデビュー。昨年4月10日の早見あかり脱退を機に、翌日から「ももいろクローバーZ」に改名した。人気急上昇中のももクロは今回、デビュー2年で初のアリーナ2日間公演にこぎつけたが、勢いそのままに西武ドームのステージに立つことになる。

 ももクロはあす22日も同所で、演目をかえて『見渡せば大パノラマ地獄』公演を行う。

関連写真

  • グループ平均年齢最年少での単独西武ドーム公演が決定したももいろクローバーZ
  • 横浜アリーナでコンサートを行ったももいろクローバーZ(左から)佐々木彩夏、有安杏果、百田夏菜子、高城れに、玉井詩織

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索