アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 柴咲コウ、岡田将生主演ドラマ主題歌で再タッグ

柴咲コウ、岡田将生主演ドラマ主題歌で再タッグ

 女優で歌手の柴咲コウの新曲「ANOTHER:WORLD」(6月発売予定)が、4月スタートの岡田将生主演ドラマ『未来日記-ANOTHER:WORLD-』(毎週土曜・後11:10〜 フジテレビ系)の主題歌に決定した。両者のコラボレーションは、2009年に岡田が初主演したフジ土曜11時台のドラマ『オトメン(乙男)』で柴咲が主題歌「ラバソー〜lover soul〜」を担当して以来。同枠の2年ぶり復活とともに再タッグを組む。

 ドラマの原作は、シリーズ累計発行部数400万部を超える同名の人気コミック。自分の未来が記された日記を手にした若者たちのサバイバルゲームに巻き込まれてしまう運命を描いたサスペンスストーリーで、主演に岡田、ヒロインに剛力彩芽を起用した。

 その主題歌として柴咲に白羽の矢を立てたフジテレビの藤野良太プロデューサーは「『未来は誰かに与えられるものではなく、自分の力でつかみとるもの』という作品のテーマと、ドラマの世界観を柴咲さんにお伝えし、作詞していただきました。2012年を生きる若者たちの心に深く刺さる作品となっています」と説明。

 詞を書き下ろした柴咲は「アニメやゲームの登場人物と同様に、『自分の弱さ』に屈せず、『自分』から逃げずに、『自由に自分を生きよう』という力強い歌です」とアピールした。

 柴咲は4月7日から自身初のラジオレギュラー番組『nekou’s life』(毎月第1土曜・後8:00〜 TOKYO FM)をスタート。同番組でいち早く新曲が聴けるかもしれない。

柴咲コウのチケット発売情報



オリコントピックス