桑田佳祐、8年ぶり神戸公演に1万2000人歓喜

 サザンオールスターズ桑田佳祐が24、25日の両日、神戸ワールド記念ホールで『桑田佳祐ライブin神戸&横浜2011〜年忘れ!!みんなで元気になろうぜ!!の会〜』を行った。桑田が神戸のステージに立つのは、2003年にサザンの25周年記念ライブを行って以来8年ぶり。2日間で1万2000人のファンを熱狂させた。

 年越しライブへの序章となる同公演では、2月に発売したアルバム『MUSICMAN』収録曲を中心に、「銀河の星屑」「明日へのマーチ」など27曲を熱唱。サザンのアルバム『さくら」(1998年発売)収録曲の「私の世紀末カルテ」では、2011年末バージョンとして歌詞を書き換え「阪神・淡路の事では消えない傷もございましょう」と神戸の人々への思いを歌ってファンを感激させた。

 昨夏の初期食道がん手術を経て、同年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で復帰以来、精力的に活動している桑田の2011年のライブは、残すところ30・31日の横浜アリーナ2Days公演のみ。“ホーム”といえる同所で4年ぶりの年越しライブを行う。

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索