アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 水樹奈々、初の東京ドーム公演で感涙 2日間8万人を魅了

水樹奈々、初の東京ドーム公演で感涙 2日間8万人を魅了

 人気声優で歌手の水樹奈々(31)が3・4日の両日、自身初の東京ドーム公演『LIVE CASTLE 2011』を行い、2日間で8万人を魅了した。2000年12月6日に歌手デビューし、デビュー10周年でたどり着いた大舞台で「奈々ちゃん」コールを全身に浴びた水樹は「夢みたいだね…」と静かに涙を流し、「昨日、きょうと今まで生きてきた中で最高に幸せな時間です。みんなに会えてよかった」とファンに感謝。気球やトロッコを駆使してスタンド席にも接近し、約4時間にわたって全26曲を会場と一体となって熱唱した。

【写真】その他の写真を見る


 優雅なドレス姿で女性的な曲を中心に披露した3日の「QUEEN’S NIGHT」から一転、4日の「KING’S NIGHT」では城主として王冠にケープをまとい、城のセットの最上階から登場。前日とは大幅にセットリストを変更し「KINGは攻め曲多いよ! みんなついてくる覚悟あるー? ガンガンいくよ!」と初っ端から観客を煽りまくった。

 総立ちのファンの熱い声援が飛び交うなか、『紅白』初出場時に歌唱した「深愛」(09年1月発売・最高位2位)、声優初のオリコン週間シングルランキング首位を獲得した「PHANTOM MINDS」(昨年1月発売)などヒット曲のオンパレード。ファンは楽曲ごとにペンライトの色を変え、ドームを一面ブルーやオレンジに染めた。

 自身初体験となる巨大な会場で「みんなのそばに行くにはどうしたらいいか」を考えたという水樹は、ライトスタンド側から気球に乗り込み、ドームをぐるりと旋回。空中遊泳しながら「POWER GATE」、ドームが青い海と化した「アオイイロ」を歌いきると「室内で気球を飛ばせるなんて最高! 2階スタンドのみんなの近くに行けてうれしかった」と叫び、スタンドも喜びに沸いた。

 ライブ中には『NHK紅白歌合戦』に3年連続3回目の出場が決まったことを直接報告し、ファンとともに万歳三唱。「めっちゃうれしいです。初回とも2回目とも違う感動がこみ上げてきました」と喜びをあらわにし「微力ですが、紅組を盛り上げられるように頑張ります」と気合いを入れ直した。

 さらに、1月11日発売の新曲「Synchrogazer」を初披露し、来夏のツアーが決定したことも発表。Wアンコールではアルパ奏者・上松美香を迎えて「SUPER GENERATION」をしっとりと歌い上げた水樹は、万感の思いを込めて「本当に最高の1日をありがとうございました。これからもみんなで楽しいこといっぱいしようね」と約束。投げキッスを振りまいて、城へと帰っていった。

 2日間のライブの裏側は、来年1月21日の水樹の誕生日にNHKでドキュメンタリー番組として放送される。

関連写真

  • 気球に乗り込み、スタンド上段の観客の近くで歌唱した
  • 男性ファンの熱烈な「回って」コールを受けた“うさ耳”衣装
  • 初日の「QUEEN'S NIGHT」は女王の衣装で魅了
  • 2日目の「KING'S NIGHT」は王様の衣装で勇ましく
  • さまざまな仕掛けで2日間のべ8万人のファンを魅了した水樹奈々
タグ

オリコントピックス