Angelo、新体制後初ライブは3曲目で中止 新宿にファン3000人集結

 10月よりKaryu(G・元D’espairsRay)とギル(G・元ヴィドール)をメンバーに加え、5人体制で新たな活動をスタートさせたビジュアル系バンド・Angeloが4日、東京・新宿ステーションスクエアでゲリラライブを行った。3曲目「REBORN」の演奏途中で、周囲に観客が集まり過ぎたため、ライブは急きょ中止となったが、メンバーがステージから去った後も、集まったファン3000人の“Angeloコール”が新宿に響いていた。

【写真】その他の写真を見る


 同ライブは、バンドの語源にちなみ“天使の日”とニューアルバム『BABEL』(5日)の発売を記念して行われたもの。新体制後初のステージに立ったAngeloは、「FEATHER」、「PLOSIVE」の2曲を演奏。新メンバーのKaryuとギルによるツインギターなど、圧巻のパフォーマンスでファンを魅了した。

 5日に発売したニューアルバム『BABEL』は、ライブで披露した3曲を含む全11曲を収録。新メンバー2人も参加している。発売形態は、初回盤A(CD+フォトブック)、初回盤B(CD+DVD)、通常盤(CDのみ)のタイプ。また、11月20日横浜・yokohama BayHallを皮切りに、全国ツアー『Angelo Tour 11-12 「CORNERSTONE OF THE FORBIDDEN TOWER」』を開催。来年2月5日大阪・BIG CATまで、全国17都市で22公演を行う。

関連写真

  • 新宿でゲリラライブを行ったAngelo
  • 新宿でゲリラライブを行ったAngelo
タグ

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索