アニメ&ゲーム カテゴリ

SMAP、20年ぶり西武園で1万人と握手

 人気グループ・SMAPが歌手デビュー20周年を迎えた9日、埼玉・西武園ゆうえんち 波のプールで無料ファンミーティングを行った。1991年9月8日にデビューイベントを開催した思い出の地に20年ぶりに帰ってきた5人は、軽妙なトーク、ゲーム、歌で1万人のファンと交流。さらに、最後のあいさつで木村拓哉が「もうちょっとちゃんとコミュニケーションを取りたいので…」と手を差し出すと、会場は悲鳴に似た大歓声。5人そろっての握手会も行い、ファン一人ひとりに感謝の気持ちを伝えた。

  「Can’t Stop!! -LOVING-」(1991年9月9日発売)で歌手デビューして20年。黄色のTシャツ、黄・赤・オレンジ3色のベスト、ジーンズに真っ赤なスニーカーと、デビューイベントをほうふつとさせる衣装に身を包んだ5人が、国民的グループとなって西武園に帰ってきた。

 20年前は台風の影響で機材トラブルに見舞われ、歌唱途中で音声が途切れるハプニングが発生したが、この日は一転して青空。汗びっしょりになりながらも、香取慎吾が「今、ここであらためて20年を本気で振り返り、これから先のことを考えています」と胸中を明かすと、中居正広も「20年前、自分たちの今の姿を想像してなかったもんね。いつ解散するのかな、いつ売れなくなるのか、いつ歌えなくなるのかなって思ってた」と感慨深げ。

 木村も「2年に1回あった」という過去の解散説を笑い飛ばし「いろんな経験をさせてもらったんですけど、初心に戻りました。この衣装を着たときはマジ!? と思ったけど、またここからの第一歩が楽しみです」と話すと、大きな拍手が沸き起こった。

 会場からの質問も受け付け「今だから言えるいちばん衝撃的だったアクシデントは?」の問いには「やっぱり森くん(の脱退)じゃないですか」と口をそろえ、「6人だったのが5人になったと思ったら4人になったとか…」(香取)、「うちら本当にいろいろあったね」(木村)と紆余曲折の20年を振り返った。

 イベントの最後には「がんばりましょう」(1994年)、「世界に一つだけの花」(2003年)、「オリジナル スマイル」(1994年)、デビュー曲「Can’t Stop!! -LOVING-」を披露。稲垣吾郎は「Can’t Stop!!を歌っていて、こみあげてくるものがあった」と感激し、草なぎ剛は「なかなか歌も踊りもそろわないんですけど、みんなに伝える気持ちだけは持っているので、僕らを信じてついてきてください。一緒にいい年を重ねて生きていきましょう」と締めくくった。

 同イベントは、東日本大震災の復興支援盤『SMAP AID』(8月17日発売・累積売上36.6万枚)の購入者の中から抽選で1万人を無料招待。このほか札幌、名古屋、神戸、福岡の4都市で有料のファンミーティングも開催し、収益金の全額をジャニーズ事務所の災害支援プロジェクト「Marching J」を通じて被災地へ寄付する。



オリコントピックス