YUI、震災以降初の楽曲書き下ろし 「運命考えるきっかけに」


 シンガー・ソングライターのYUIが、東日本大震災以降初めて書き下ろした楽曲「Green a.live」を10月5日に発売することがわかった。“大地の中を生きる”という強いメッセージが込められており、現在のYUIの想いが詰まった1曲。YUIは「この曲を通して運命について考えるきっかけになりました」と語る。

 7月7日の七夕の日に、宮城県・南三陸町や気仙沼市の被災地に足を運び、現地の小学校や中学校、高校を訪ねてアコースティックライブを開催したほか、ライブ公演ではチャリティー活動も行っているYUI。6月11日に発売した前作「HELLO 〜Paradise Kiss〜」は震災以前に制作されており、新曲はYUIの現在の心境が感じられる楽曲となっている。

 YUIは「新曲のタイトルは“大地の中を生きる“というような意味で付けました。それは、都会での暮らしのなかで何か大切なものをなくしていないだろうか?と自分に問いかける事があるからです。この曲『Green a.live』を通して運命について考えるきっかけになりました」とコメント。所属レコード会社の担当者も「YUIが「今」感じていることをきちっと作品に昇華した。今年の1曲として、ファンの間にしっかり根付く『音楽作品』になりました」と自信をのぞかせる。

 発売に先駆けて、9月14日より着うた配信する予定となっている。

関連写真

  • YUI
  • 新曲「Green a.live」(10月5日発売)初回盤ジャケット写真
  • 新曲「Green a.live」(10月5日発売)通常盤ジャケット写真
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索