GACKT謙信、武者700人引き連れ出陣行列

 歌手・GACKTが21日、戦国時代の名将・上杉謙信の遺徳を偲び、大正15年から謙信のふるさとである新潟・上越市で毎年開催されている『謙信公祭』に“GACKT謙信”として登場。白馬に乗って颯爽と現れたGACKT謙信は、甲冑姿の勇壮な武者約700人を従え、沿道に詰めかけた観客からひときわ大きな声援を浴びていた。

【写真】その他の写真を見る


 NHK大河ドラマ『風林火山』で上杉謙信役を務めたことから、昨年に引き続き“謙信”として上杉軍を率いたGACKT。甲冑を身にまとい、出陣行列を披露した。前日には、「東日本大震災が発生した今だからこそ上越の地で語るかけることに意味がある」と上越文化会館で『GACKT Live Message「今こそ伝える義の心」』を開催。約1500人の来場者に被災地復興に対する想いや、「助けあいの精神、それが武士道であり、謙信が伝えた「義の心」でなないか」と語りかけるなど、2日間にわたってイベントを行った。

 GACKTは「今回の謙信公祭は通常の謙信公祭とは違い、大きな意味を持つものになりました。この震災を受けて「義の心」が日本人の心の美しさを象徴していることを多くの方が再認識したのではないでしょうか」とコメント。「これからも一人の日本人として一人のサムライとして、この想いを届けていきたいと思います」と想いを新たにしていた。

関連写真

  • 第86 回『謙信公祭』に甲冑姿で登場したGACKT
  • 『GACKT Live Message「今こそ伝える義の心」』で被災者にエール
  • 『GACKT Live Message「今こそ伝える義の心」』で被災者にエール
  • 白馬にまたがり行列を率いるGACKT
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索