ORICON STYLE

2006年08月09日
Every Little Thing
special interview
すごく幅がある作品に仕上がった

――オリジナルアルバムとしては、かなり久々ですね。
【持田】 そんなに経った感じはしないんですけどね。「commonplace」のツアーが長かったせいもあるんだけど、“あ、もう2年半も過ぎたんだ?”って。作り方は変わってないんですけどね、ひとつひとつ、丁寧にっていう。
【伊藤】 「恋文」「azure moon」っていう静かな曲が既にあったから、アルバムには軽めの曲も意識的に入れていったんです。だから結果的に、すごく幅がある作品になりましたね。悲しい曲はより悲しく、楽しい曲はより楽しくって感じで。まあ、要するにわかりやすくしたかったんですよ。

――ポップにしたかった?
【伊藤】 それもありますね。盛り上がる曲はわかりやすく盛り上がる、とか。最近のロックって、ファジーな感じがいいっていう流れだと思うんです。でも、僕らが作ってるのはポップアルバムだから。曲を作っていて迷うことがあると、“わかりやすいほうがいいんじゃない?”っていう判断をすることが多かったですね。以前はなかなかできなかったんですけどね、自意識がジャマしちゃって。

――なるほど。このアルバムって手触りがパキッとしてて、聴いてて気持ちいいんですよね。ボーカルもいままで以上に伸びやかだな、と思いました。
【持田】 ようやく、自分の気持ちいいところがわかってきたんですよね。もちろん、楽曲に寄り添って、表情を変えていくってことはやってるんですけど、同時に“自分のいちばんいいところで声が出せてるな”っていう感覚があって。それを実感したのは、今回が初めてかもしれない。

ELTは自分にとってすごく居心地のいい場所

――持田さんが作詞・作曲した「スカーレット」なんて、ホントにそうですよね。うわー、気持ち良さそう!っていう。

【持田】 最初はね、もっと浮遊感のある、宇宙っぽい感じを想像してたんですよ。サビはそうなってるんだけど、他の部分は思ったよりも熱くなっちゃって。レコーディングも“せーの”で録ったし。
【伊藤】 ピアノロックみたいな感じなんだけど、とにかくビートが速くて。ワンテイク録るたびにTシャツがビッショリ、みたいな。(持田は)それを見ながら、“おじさんたち、どうしてそんなに汗かいてるの”っていう・・・。
【持田】 そんなことないです!歌うのもけっこう大変なんですよ。自分で作ったんですけど、想像以上に音域が広くて。
【伊藤】 僕が作曲した「いずれもROMANTIC」は、もっと涼しげな感じなんですけどね。

――そのあたりに性格が表れてるのかも(笑)。『Crispy Park』っていうタイトルは?
【伊藤】 Crispyっていうと“お菓子“のイメージがあるかもしれないけど、海外のミュージシャンがよく使う言葉なんですよ。ドラムの人が“もっとCrispyな音にチューニングしたい“って言ったり。弦を張り替えたばかりのギターとかもそうなんだけど、新鮮でカリッとした音っていうのかな。僕自身、いつもCrispyな音を求めているし、“この言葉を使ったタイトルにしようよ“って話になって。
【持田】 Parkって“身近で大切な場所”だと思うんですよ。自分達の音楽、Every Little Thingっていうもの自体、私にとってすごく居心地のいい場所になってきてて。「スカーレット」もELTでなければ成立しないと思うし、ちゃんと自分を受け入れてくれてるっていう実感があるんです、最近。その人が生きていく上で、いつも近くに存在してくれる場所。そういうふうにこのアルバムを受け止めてくれたら、すごく嬉しいですね。

(文:森 朋之)