ORICON STYLE

2006年05月17日
SPECIAL INTERVIEW UVERworld
伝えたいことがいっぱいある

――「Colors of the Heart」は、みなさんが上京する前に原形ができていたそうですね。
【TAKUYA∞】 そうなんです。1年くらい前には作ってまして。今回のリリースのためにメンバーと膨らませていきました。

――目の前にある壁を乗り越えていこうとする気持ちが、すごく力強く迫ってくる曲だと思いました。
TAKUYA∞ 生まれながらに不幸な何かを持ってる人もいると思うんですけど、そういうことも自分次第で変えていけるってことを歌ってます。
【克哉】 TAKUYA∞の歌詞はいつも楽しみなんですよ。必ずどこかにすごく引っ掛かってくるポイントがあったりするから。リスナーの人にも、何かを感じてもらえると思います。

――“自分たちの曲がいろんな人の励みになってる”って実感することは増えてるんじゃないですか?
【彰】 サイトのメッセージ・ボードにもそういう書き込みをもらったりしますからね。
【TAKUYA∞】 楽しいだけの音楽も素晴らしいと思うんですけど、僕はやっぱり伝えたいことがいっぱいあるんです。「Colors of the Heart」も聴く人それぞれでいろんな解釈をしてもらいながら、自分にとって有利なものへと想像力を膨らませて受け止めてもらえたらいいなと思ってます。

最高の3曲が入った1枚

――サウンド面に関してはスピード感がすごく出てるのが聴きどころですね。
【真太郎】 “スピード感を出す”ってのがまず第一にあったんですけど、ただ単に突っ走るんじゃなくて、引くところは引いたりするのがいい感じでできました。
【TAKUYA∞】 僕がこの曲を作った時のイメージを、メンバー全員がすごく良い形で膨らませてくれたと思います。こいつらと一緒にできることが改めて嬉しいです。

――もうライブで何度かやったみたいですが、反応はどうでしたか?
【信人】 まだリリースしてないのに、すごく盛り上がってくれました。
【克哉】 ストレートな曲だけど奥が深いんで、今後ライブでいっぱいやることで、細かいとことかもどんどん良くなってくんじゃないかと思ってます。

――アニメ『BLOOD+』のオープニング・テーマなのも、ファンのみなさんは喜んでるでしょうね。
【TAKUYA∞】 信人はCMの時から待ち構えて、テレビで観たみたいですよ。すごく楽しみにしてたらしくて(笑)。
【信人】 ほんと楽しみで(笑)。

――アニメ主題歌っていろんな人に曲を聴いてもらういいきっかけになるわけですから、これでますますUVERworldを好きになってくれる人が増えたらいいですね。
【信人】 そうなったら最高です。今回はアルバムを出してツアーを回ってから最初のシングルですが、内容の濃い1枚になったと思うので、ぜひいろんな人に聴いてもらいたいです。
【克哉】 僕らは毎回1曲1曲に力を注いでるので、このシングルの3曲それぞれを楽しんでもらえたら嬉しいです。
【信人】 メンバー全員が3曲ともすごく好きだからね。
【彰】 「Colors of the Heart」以外はまだライブでやってないんで、早くやってみたいです。スタジオでちょくちょく合わせてるんだけど、気持ちいいんですよ。
【TAKUYA∞】 カップリングの2曲とも良いので、“この2曲はとっておこうよ”って意見もスタッフからあったんです。でも、僕らは“カップリング用の曲”とかっていうことは考えないから。常に全力を注ぐので。今回も最高の3曲が入った1枚になったと思います。
(文:田中大)