【YouTubeチャート】ヒゲダン「Pretender」5週連続1位 『紅白歌合戦』関連曲が軒並み上昇

『第70回NHK紅白歌合戦』(NHK総合)の出場歌手が11月14日に発表され、出場歌手の楽曲が軒並み順位を上げた。初出場となるOfficial髭男dismは、「Pretender」が5週連続1位を獲得したほか、「宿命」「イエスタデイ」「115万キロのフィルム」の4曲がTOP10内にランクイン。メジャーデビュー1年目で初出場を決めたKing Gnuの「白日」は、前週からワンランクアップしてTOP3入りとなった。

 そのほか、同じく初出場の菅田将暉の「まちがいさがし」、3回目の出場となるTWICEの「Feel Special」、米津玄師が歌う「パプリカ」が上昇。紅白関連曲がランキングを席巻した。
 TOP20では、GENERATIONS from EXILE TRIBEの「One in a Million -奇跡の夜に-」が14位に初登場。同曲は、デビュー7周年を迎える彼らの6thアルバム『SHONEN CHRONICLE』(11月21日発売)に収録され、片寄涼太主演映画『午前0時、キスしに来てよ』(12月6日公開)主題歌であり、「zoff」とのコラボCM曲。11月6日より公開され、99.8万再生を記録している。

【ランキング説明】
『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。TOP100に52週以上ランクインした楽曲は殿堂入りとして、ランキングに入らなくなる。
※日本時間・毎週月曜日更新。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索