初秋の演歌・歌謡大特集Part1〜歌謡目線で注目のアーティスト

 初秋を迎え、これから年末にかけて演歌・歌謡がひときわ賑わっていくシーズンとなった。新時代を迎えた2019年は、演歌・歌謡をより一層盛り上げていく絶好のタイミング。そこで、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』では、『初秋の演歌・歌謡大特集』と題し、今に迫っていく。演歌・歌謡の新時代を切り拓いていくような各アーティストやレーベルなどの最新動向をクローズアップする。
(掲載は、デビュー順)

島津亜矢

  • 島津亜矢

    島津亜矢

昨年まで4年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場するなど、デビュー34年目を迎えた今も最前線で活躍する島津亜矢。近年は“もう1つのライフワーク”として、J-POPから洋楽までさまざまなジャンルの楽曲をカバーしたアルバムシリーズ『SINGER』をリリース。9月25日には、その最新作を発売する。今夏はTBS系『音楽の日』など、大型音楽特番に出演し、ポップスのカバーを披露。圧倒的な歌唱力でSNS上を賑わせたことは記憶に新しい。若者たちの間では“歌怪獣”の愛称でも親しまれている。

⇒自分の楽曲以外で、歌ってみたいのは「玉置浩二さん」 島津亜矢に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

山内惠介

  • 山内惠介

    山内惠介

デビュー19年目を迎えている山内惠介。最新曲「唇スカーレット」は、艶のあるサウンドに乗せ、愛し合う男女の恋模様を華やかに歌い上げた作品。作詞を手がける松井五郎氏は、「(同曲で)惠介歌謡は更に進化する。いままでの自分からまた一歩新たな扉を開く」とコメントを寄せている。9月25日には、ジャケットとC/Wを一新した桃盤、蒼盤を発売する。近年はセルフプロデュースによる全国ツアーも恒例化。演歌・歌謡曲に限らず、さまざまなタイプの楽曲を披露している。

⇒愛してやまないモノのは「ワイン」 山内惠介に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

竹島 宏

  • 竹島宏

    竹島宏

小学5年生の時、曾祖母に連れていってもらった坂本冬美のコンサートに感銘を受け、歌手をめざした竹島 宏。キャリアと共に楽曲の幅を広げ、最近は昨年から取り組む“踊らされちゃう歌謡曲”シリーズが好評。最新曲「夢の振り子」はその第3弾で、デビュー18年目にして初のドラマ主題歌として、現在NHK 土曜時代ドラマ『大富豪同心』でオンエア中。MVでは、キャッチーな振り付けのダンスを披露している。9月25日には、ジャケットとC/Wを一新したEタイプを発売した。

⇒自分の楽曲以外で、歌ってみたいのは「パプリカ」 竹島宏に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

松原健之

  • 松原健之

    松原健之

平尾昌晃氏がMCを務めたTX系『チャレンジ歌バトル』のグランドチャンピオン大会で優勝するなど、10代の頃から各種コンテストで名を馳せていた松原健之。2001年9月、五木寛之氏が原作・脚本の舞台『旅の終わりに』に抜てきされて客演&主題歌を歌い、05年9月にデビューを果たした。最新曲「最北シネマ」は日本最北の地・稚内を舞台に描かれた作品。19年6月19日には、ジャケットとC/Wを一新したアンコール盤を発売。シックなスーツ姿の松原がジャケットを飾っている。

⇒自分の楽曲以外で、歌ってみたいのは「シャンソン」 松原健之に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

走 裕介

「流氷の駅」(2009年4月1日)でのデビューから11年目を迎えている走裕介。デビュー前にアマチュアバンドを組んでいたその経験から、最近のコンサートではギターやドラム演奏も披露。直近の地元・北海道 道新ホールでのソロ公演では、企画構成から動画、オケ作りまで自身が手がけたといい、プロデュース能力の高さも発揮している。7月24日には、恋人を失った悲しみを北海道・知床の厳しい環境や縹渺(ひょうびょう)とした大地に投影した最新曲「知床挽歌」を発売した。

⇒野山を駆け巡っていた少年時代も 走裕介に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

水雲-MIZMO-

  • 水雲-MIZMO-

    水雲-MIZMO-

作曲家・水森英夫氏の門下生オーディションに合格し、“本格派演歌ガールズグループ”として2017 年9月6日に「帯屋町ブルース」でデビューした水雲-MIZMO-。AKANEの主旋律、NAOの高音、アメリカ出身のNEKOの低音と、3つのハーモニーで演歌・歌謡を歌うというスタイル、色鮮やかなコスチュームデザインなど、斬新なアプローチで、国内はもちろん海外に向けても演歌・歌謡の魅力を発信している。7月17日には、最新曲「泣いちゃえ渡り鳥」を発売した。

⇒自分の楽曲以外で、歌ってみたいのは「●●●」 水雲-MIZMO-に聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

新浜レオン

  • 新浜レオン

    新浜レオン

B’zや倉木麻衣らが所属するBeingが初めて手がける歌謡歌手として、新元号を迎えた5月1日にシングル「離さない 離さない」でデビューを飾った新浜レオン。千葉県出身の23歳。明るく爽やかで伸びやかな歌声、180cmの高身長や甘いルックスも武器に、デビュー間もなく人気を拡大している。7月1日には、サンリオとコラボしたオリジナルキャラクター「れおすけ」がお披露目。9月23日には東京・日経ホールでファーストコンサートを開催するなど、躍進中。

⇒愛してやまないモノは「歌と野球」 新浜レオンに聞く!10の質問
⇒イベントカレンダー

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月14日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月14日号

<COVER STORY>
ヴィヴィアン・ルイット氏
(YouTube アーティストリレーションズ グローバル責任者)
ストリーミング時代、音楽は世界各地の視聴環境で
常に開放されていることが必要不可欠

<SPECIAL ISSUE>
スタジアム・アリーナ計画のキートリガーと危機管理の今
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.28

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索