アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【K-POP日本人メンバーの葛藤と挑戦】Cherry Bullet・KOKORO、REMI、MAYのデビューへの覚悟

【K-POP日本人メンバーの葛藤と挑戦】Cherry Bullet・KOKORO、REMI、MAYのデビューへの覚悟

 TWICEやIZ*ONEなど日本音楽シーンの第一線で活躍するK-POPグループのほかにも、日本人のメンバーや練習生が所属する新鋭K-POPグループが増えている。そこには、クオリティの高いK-POPの歌やダンスに憧れ、韓国デビューを目指す若い世代が急増している背景がある。

 今年1月にデビューした10人組女性グループ・Cherry Bulletには、KOKORO、REMI、MAYの3人の日本人メンバーが所属。その可愛らしさとエネルギッシュな力強さを打ち出すパフォーマンスで韓国で人気急上昇のグループで、KOKOROとREMIはサブボーカル、MAYはサブボーカルとメインダンサー、末っ子を担当し、大所帯のなかでそれぞれの個性を光らせている。そんな3人に韓国デビューまでの道のりや、アイドル活動における日本人としての苦悩や奮闘を語ってもらった。

デビューのために乗り越えないといけない過程への覚悟

――K-POPグループでデビューした経緯を教えてください。なぜ韓国を目指したのでしょうか?
KOKORO小さい頃からK-POPに興味を持っていました。K-POPアーティストのパフォーマンスを実際に観たとき、あまりにもかっこよくて、私もいつかあのようなパフォーマンスができるようになりたいと思うようになりました。
REMI昔から韓国が好きでよく旅行をしていました。世界で活躍できるアーティストになりたかったからです。
MAYダンスを昔からやっていた影響で、K-POPがずっと好きで聴いていて、K-POPアーティストのライブにも行っていました。以前、K-POPカバーダンスステージに立ったことがあるんですが、そのときにキャスティングされ、そこで初めてK-POPアーティストになりたいと思ってチャレンジしました。

――デビューまでには苦悩も多かったのでは?
KOKORO韓国の事務所に入るために、韓国語の勉強をがんばりました!
REMI事務所に入ったばかりの頃は、日本人の練習生が私ひとりだったため、言葉も通じませんでしたし、知らないことばかりで大変でした。でも、練習しながらHAE YOONオンニとメンバーのみんなが助けてくれて、克服していきました。
MAY練習生生活を始めた頃、韓国語ができなかったのと、朝早くから夜遅くまでずっとハードな練習をしなければならない日々が続いたのが大変でした。でも、完璧なパフォーマンスをお見せするために一生懸命練習するのは当たり前のことですし、デビューのために乗り越えないといけない過程だと理解したうえでK-POPアイドルに挑戦したので、一生懸命練習すればいつかデビューの日がくると信じて、がんばりました。

――韓国エンタテインメントシーンで活動するにあたり、日本人であることのメリット、デメリットを感じることはありますか?
KOKORO日本で活動するときにメンバーを助けてあげられます! 大変なのは、いまだ難しい言葉を聞き取れないことが多くて、モヤモヤすること。だから、韓国語の勉強はずっとがんばっています!
REMIサイン会などで日本のファンの方とも普通に話すことができることです。言葉が難しい点以外ではデメリットはあまり感じないです。
MAYお仕事で日本に行ったときにメンバーに日本語を教えてあげられることとか、日本で活動するときにはメリットを感じます。難しいのはやはり韓国語です。ほぼ聞き取れるようになった今でも、言いたいことがうまく言えないときがあります。また、家族と遠く離れているため、なかなか会えないのが一番大変です。

誰かに力を与えられるような人になりたい

――いまの目標と夢を教えてください。
KOKORO新人賞を取ることです。
REMIもっともっとたくさんの人にCherry Bulletを知ってもらいたいです。
MAY今年の新人賞を取ることが目標。誰もが知るグループになることが夢です! そして、私が今までK-POPからたくさんの力をもらったように、私も誰かに力を与えられるような人になりたいです。

――自身のモチベーションを保つために心がけていることはありますか?
KOKORO日記を書いています!
REMI常に前を向いてがんばっています!
MAY具体的な行動ではありませんが、毎日がんばって生きようと思います(笑)。

――韓国デビューを目指す日本の若い世代が増えています。後進へのアドバイスやメッセージをいただけますか。
KOKOROK-POPはパフォーマンスが一番の魅力だと思います! 歌やダンスが好きな多くの方にチャレンジしてもらいたいです。
REMIK-POPアーティストは、実力もあってステージの上で輝いている方ばかり。そんな姿がかっこいいから、目指す人が増えているんだと思います。夢は願って努力を続ければ叶うので、みなさんも一緒にがんばりましょう。
MAY最近、日本でK-POPが流行っているのもありますが、一番の理由はやはりK-POPにしかない魅力にハマって、韓国でデビューしたいと思う人が増えていることだと思います。K-POPアーティスを目指している日本人のみなさん! 決して簡単なことではありませんが、一生懸命がんばればきっとデビューできると思います! 大変だと思いますが、夢のためにがんばりましょう!!

世界最大級のK-Cultureフェスティバル『KCON 2019 JAPAN』

「K‐Life styleの全て」をテーマに、K-POP, K-Beauty, K-Fashion, K-Food, K-Dramaなど、韓国の人気文化コンテンツを融合させた世界最大級のコンベンション型フェスティバル。5月17日(金)、18日(土)、19日(日)の3日間、幕張メッセ国際展示場ホールで開催。
Cherry Bulletは5月17日の『M COUNTDOWN』に出演。日本のファンを前にパフォーマンスを披露する。
【公式サイト】(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年5月27日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年5月27日号

<COVER STORY>
渡辺謙(俳優)
「日本人としてのアイデンティティを持って
人生も含めて役に乗せることが求められている」

<SPECIAL ISSUE>
改元を機にさらなるシーンの隆盛へ
新時代の演歌・歌謡を考える

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!