【YouTubeチャート】TWICE、新曲が初登場1位、K-POP勢が上位席巻

 今週の週間楽曲ランキング1位には、TWICEの「FANCY」が486.0万再生で初登場ランクインした。同曲は、4月22日にリリースされた7thミニアルバム『FANCY YOU』からのリード曲。同日より公開され、すでに全世界で6400万再生を突破している。
 また、昨年11月に公開され、現在1.7億再生超えを記録している前作「YES or YES」も、新作発売により再びランキングを上昇。今週11位にランクインした。

 一方、前週1位に初登場していたBTS(防弾少年団)の「Boy With Luv (feat. Halsey)」は今週242.6万再生で3位、BLACKPINKの「Kill This Love」も212.4万再生で4位をキープ。依然、K-POP勢が上位を席巻している。

■週間アーティストランキング
TWICE、2位へランクアップ
椎名林檎、新作発表から急上昇

 新作をリリースしたTWICEが、前週比75.8%増の1181.1万再生で前週4位から2位へランクアップした。
 変動の少ない今週のランキングで大きく順位を上げたのは、7位の椎名林檎。前週比87.8%増で前週27位からランクアップした。椎名は、5年ぶりとなるオリジナルアルバム『三毒史』の詳細を4月22日に発表し、オープニングトラック「Gate Of Living」を公開。

 さらに、ライブ映像作品『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』(5月31日 発売)より、「長く短い祭 from百鬼夜行」ライブクリップを4月27日より公開。次週、さらにランキングが上昇しそうだ。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月21日号

<COVER STORY>
安藤裕康氏(東京国際映画祭 チェアマン)
共同製作の時代における東京国際映画祭の役割
「映画というメデイアを通じて交流の輪を広げる」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート9月度
総売上202.5億円 前月に続き前年比マイナス

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索