• ホーム
  • 音楽
  • 音楽10大ニュース 2013『サザン復活、あまちゃんブーム、AKB世代交代…2014年の注目は?』

音楽10大ニュース 2013『サザン復活、あまちゃんブーム、AKB世代交代…2014年の注目は?』

2013年もいよいよ大詰め。そこで、今年のミュージックシーンの総決算として、『ORICON STYLE』ユーザー調査による『2013年 音楽10大ニュース』を発表! 復帰に解散、新たなブームに世代交代など、さまざまな出来事を振り返りながら、来年の音楽界のキーワードを見つけます。

来年は“次世代”躍進の年に? 2013年 音楽10大ニュース

 2013年も残りわずか。ユーキャン新語・流行語大賞や今年の漢字など、1年のブームや世相を読み解く年末の恒例行事も落ち着くなか、ORICON STYLEでは、2013年のミュージックシーンを総決算。10代〜40代の男女1000名を対象にリサーチした、“記憶に残る音楽史”TOP10を『音楽10大ニュース』として発表する。1つひとつの話題を振り返りながら、音楽界のトレンドを探っていこう。


■その1 サザンオールスターズ5年ぶり活動再開


 無期限活動中だった国民的ロックバンドが、5年の沈黙を破り帰ってきた! 「勝手にシンドバッド」でのデビューから35周年を迎えた今年、新曲「ピースとハイライト」をあいさつ代わりに、全国5ヶ所9公演の全国野外スタジアムツアーを開催した。“約束の地”日産スタジアムから始まったツアーのステージでは、絆を深めたメンバーがぐうの音も出ない圧巻のパフォーマンスを披露。日本の夏はサザンにあり――。改めてその存在の大きさを感じさせたとともに、彼らの復活は多くの希望や勇気を与えたことだろう。

■その2 『あまちゃん』ブームで関連CD軒並み上位に

 2013年のユーキャン新語・流行語大賞にも選ばれるなど、まさに“じぇじぇじぇ”な一大ブームを巻き起こした『あまちゃん』。“クドカンワールド”たっぷりの斬新なストーリーに、1980年代のアイドル要素も加わって、音楽面においても絶大な存在感を示した。先ごろ発表した年間ランキングでは、小泉今日子が役柄の“天野春子”名義で発売したシングル「潮騒のメモリー」が39位、劇中で使用されたオリジナル曲をまとめた『あまちゃん 歌のアルバム』は35位にランクイン。また、インスト作品ながら『連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック』もTOP100入りを果たすなど、“日本の朝を変えた”人気ドラマは音楽界にも爪跡を残した。

■その3 AKB48篠田、板野ら卒業! AKB48世代交代へ

 昨年8月に絶対的エース・前田敦子が卒業してから、“第2章”へと突入したAKB48。前田の決意は、ほかのメンバーの背中も押すことになり、今年は最年長の篠田麻里子板野友美秋元才加河西智美など、初期のメンバーが新たな一歩を踏み出した。その一方で、“次期エース”を目指し、横山由依島崎遥香川栄李奈らAKB48の次世代メンバーをはじめ、SKE48NMB48HKT48といった姉妹グループのメンバーも次々と頭角を現した。今年の『第5回選抜総選挙』でエース・大島優子を抑えHKT48の指原莉乃が栄冠を手にしたことも“世代交代”を印象付けた。

■その4 FUNKY MONKEY BABYS解散、ファンキー加藤はソロで活動

 八王子出身の人気ユニット・FUNKY MONKEY BABYSが、6月1日&2日の東京ドーム2Days公演をもって解散した。人気絶頂での解散は、DJケミカルが実家の寺の住職になるための準備期間に入るため。ファンモンは楽曲はもちろん、そのまんま東(東国原英夫氏)や東北楽天・田中将大投手、明石家さんまなど、有名人を起用した“顔ジャケ”でも話題に。『NHK紅白歌合戦』にも2009年から5年連続で出場するなど、お茶の間での人気も高かった。リーダーのファンキー加藤は、来年2月12日にシングル「MY VOICE」でソロデビュー。メンバーそれぞれが次のステップへと踏み出した。

■その5 島倉千代子さん、藤圭子さんら、往年の名歌い手逝く

  • 島倉千代子さんが亡くなる3日前に録音した遺作「からたちの小径」

    島倉千代子さんが亡くなる3日前に録音した遺作「からたちの小径」

 日本の音楽シーンを支えた往年の名手たちが、旅立っていった。「人生いろいろ」などのヒット曲で知られる島倉千代子さん(享年75歳)、歌手・宇多田ヒカルの母で、独特のハスキーボイスで「女のブルース」、「圭子の夢は夜ひらく」などの名曲を歌った藤圭子さん(享年62歳)、“バタヤン”の愛称で親しまれた歌手の田端義夫さん(享年94歳)らが、多くの名曲を置き土産に他界。彼らが残した想いや歌声、メロディは永遠に語り継がれていくことだろう。

■その6 ポール、1Dら新旧海外アーティストが続々来日!

 今年は海外アーティストの来日公演に熱狂した1年でもあった。その筆頭は何と言っても、約11年ぶりに来日した元ザ・ビートルズポール・マッカートニー。3都市6公演を行った日本ツアーでは、ビートルズ時代の名曲も多数く披露し、大いに会場を沸かせた。ほかにもKISSエアロスミス、レディー・ガガら、スターたちが話題を振りまく一方、全世界で爆発的な人気を誇る英ボーイズグループ、ワン・ダイレクションも初来日しファンを魅了。来年もローリング・ストーンズエリック・クラプトンブラーら人気者たちの来日が控えており、ベテランのステージに期待が高まる。

■その7 アリス、LUNA SEA、華原朋美など往年の名歌手&ミュージシャンがCD発売

  • 華原朋美の復帰曲「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」

    華原朋美の復帰曲「夢やぶれて -I DREAMED A DREAM-」


 さまざまなアプローチで天下を狙うアイドルやニコ動発アーティストなど、時代にともなって多様化する音楽業界。その一方、かつて一時代を築いた大物たちが再び狼煙を上げた、そんな1年でもあった。活動を再開したアリスLUNA SEAが、久々にオリジナルアルバム(アリスは26年ぶり、LUNA SEAは約13年半ぶり)をリリースしたり、“騒動”を乗り越え復帰した華原朋美酒井法子も、新曲で人気絶頂期に負けず劣らない歌声を披露。ベテラン勢の存在は、変貌を遂げる音楽界に良質な刺激を与えてくれたことだろう。

■その8 剛力彩芽、「恋チュン」はじめYou Tubeからムーブメント

  • 剛力彩芽のデビュー曲「友達より大事な人」

    剛力彩芽のデビュー曲「友達より大事な人」

 スマートフォンやタブレット端末の普及によるネット社会の今、いつでもどこでも楽しむことができる動画サイト・YouTubeからも多くのムーブメントが生まれた。AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」は、80年代を彷彿とさせるディスコサウンド&“みんなで踊れる”振付で、同曲に合わせて踊る動画の投稿が続出。また、AKB48のYouTube公式チャンネルには、企業や地方自治体の従業員らが踊る“PR動画”も掲載されるなど、一大ブームを巻き起こした。女優・剛力彩芽の歌手デビュー曲「友達より大事な人」は、“プロペラダンス”が話題に。また、同ダンスをAKB48の峯岸みなみが“完コピ”した動画も注目を集めた。

■その9 くまモン、ふなっしーを筆頭にゆるキャラCD人気

  • 「ふなふなふなっしー♪〜ふなっしー公式テーマソング〜」

    「ふなふなふなっしー♪〜ふなっしー公式テーマソング〜」

 今年のユーキャン新語・流行語大賞にトップテン入りするなど、今年話題を集めた「ご当地キャラ」。なかでも、キャラクターを無償利用できるという使い勝手の良い許諾方針で、世界をも駆け巡る熊本県のくまモン、千葉県船橋市の“非公認”ながら、ユニークな言動でひっぱりだこのふなっしーはブームをけん引し、CDデビューを果たすまでの人気ぶり。実際に「くまモンもん」(9月25日発売)は最高13位、「ふなふなふなっしー♪〜ふなっしー公式テーマソング〜」(11月27日発売)は最高8位を記録するヒット。2大巨頭のほかにも今年は、うなりくんやGCB47、来年2月には兵庫県尼崎市の非公認キャラ・ちっちゃいおっさんのCDデビューも控えている。来年はどのような活躍で全国を“つないで”くれるだろうか?

■その10 “新生”モーニング娘。が再ブレイク

 1990年後期〜2000年代中期にかけて、女性アイドルの天下取りとなったモーニング娘。。その人気は揺るぐことがない……と思いきや、初期メンバーの卒業による入れ替えや、AKB48など新勢力の登場で一時は不遇の時代へ。しかし、現代だからこそ改めて求められる、“歌って踊れる”本格パフォーマンスで再び脚光を浴び、最新シングル「わがまま 気のまま 愛のジョーク/愛の軍団」(8月28日発売)は3作連続14作目の首位。また、年間3作目の首位獲得は、1998年1月のメジャーデビューから15年で初という快挙を達成した。来年1月1日にはグループ名を“モーニング娘。 '14”(もーにんぐむすめ わんふぉー)に改名し、さらなる巻き返しに出る。

◇来年は“次世代”躍進の年に?

  • 『紅白』への初出場も決まった、Linked HorizonのRevo

    『紅白』への初出場も決まった、Linked HorizonのRevo

  • HIROのラストシングル「EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜」はミリオンを突破

    HIROのラストシングル「EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜」はミリオンを突破

 そのほかにも、上位には、アニメ『進撃の巨人』のオープニングテーマ曲「紅蓮の弓矢」などがヒットし、今年の『NHK紅白歌合戦』にも大抜てきされた【音楽ユニット・Linked Horizonのブレイク】や【バラエティの“のどじまん”企画から、クリス・ハートMay J.など新星が登場】したこと。さらに、新たなステージへ踏み出すため【EXILE HIROが年内でパフォーマーを勇退】することや、そんなHIROやEXILEの誇り・志を受け継ぐ、【三代目 J Soul BrothersE-girlsGENERATIONSの飛躍】もまた今年を代表する出来事だ。

 2013年の音楽シーンすべてをプレイバックできたわけではないが、ここで挙げた話題だけ見ても、どれだけ濃密な1年だったのかがわかる。その中でも精通し、さらに来年に向け注目したいのは、AKB48グループや“EXILE系”グループ、モーニング娘。など、人気グループにおける“次世代メンバーの飛躍”。魂を受け継ぎ飛躍した新星たちが、勢いそのままにどれだけ躍進を遂げるのか? 彼らの活躍をはじめ、2014年の音楽シーンへの興味は尽きない。


⇒【特集1】2013年 音楽10大ニュース
⇒【特集2】2013年の主な音楽ニュース
⇒【特集3】2013年 話題のミュージックビデオ一挙紹介


【調査概要】
調査時期:2013年12月12日(木)〜12月17日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査

関連リンク

【一覧&解説】2013年 音楽10大ニュース
【2013 年間ランキング】嵐が6冠!今年の音楽&映像シーンは…
【一覧】2013年の主な音楽ニュース
【特集】2013年話題のMV一挙紹介
2万人が選ぶ!好きなアーティスト TOP20
次へ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!