• ホーム
  • 音楽
  • 岩佐美咲『オトナの恋愛ソングと高校生活について語る!』

岩佐美咲『オトナの恋愛ソングと高校生活について語る!』

 シングル「無人駅」で演歌ソロデビューを果たしたAKB48の岩佐美咲が2ndシングル「もしも私が空に住んでいたら」をリリース。前作よりさらにディープになったオトナの恋愛を、わさみんが情感たっぷりに歌い上げます!

歌詞の内容が難し過ぎて妄想のストーリーすら浮かばない

  • 「もしも私が空に住んでいたら」(通常盤)

    「もしも私が空に住んでいたら」(通常盤)

  • 「もしも私が空に住んでいたら」(生産限定盤)

    「もしも私が空に住んでいたら」(生産限定盤)

――1stシングル「無人駅」のときは、“マキコ”のという、架空の主人公を作って歌ったと言っていましたが。
岩佐美咲そうでしたっけ?私、かなりヘンテコなことを言っていましたね(笑)。「無人駅」はド演歌だし、歌詞の内容もまったく自分に経験のない世界だったので、いろいろ想像して歌ったんですよ。で、今回は「無人駅」よりはちょっと歌謡曲っぽい曲調なんだけど、歌詞がさらにすごいことになっていて……。

――<人目忍んだ道に疲れ果て>ですから、まさに不倫?
岩佐だからもう難し過ぎて妄想のストーリーすら浮かばないっていう(笑)。しかも“逢瀬”とか“宿”とか“襖”とか、普段は使わない言葉が多いから想像しにくかったんですよね。

――その中でも好きなフレーズはありました?
岩佐サビの<もしも私が空に住んでいたら 悲しみを集めて 雨を降らせるわ>ってところですね。悲しくてどうしようもない感じと壮大な雰囲気がすごく合っていていいなと。“可哀想だな、この主人公”って、他人事だけど同情しちゃいました(笑)。

――でも報われない恋と考えると、岩佐さんの世代なら彼女のいる人を好きになっちゃうとかありません?
岩佐友達でそういう人はいたけど、相談されても“その彼が彼女と別れたらいいね”って言うぐらい?(笑)マンガでもそういうシチュエーションはあるから想像はつくけど、私自身はぜんぜん現実味がないんですよ。

――とはいえ歌には10代らしからぬ情感がこもっていましたが。
岩佐そういってもらえると嬉しいです。ボイストレーニング以外は特に演歌の歌い方を習ったわけではなく自己流なんだけど、レコーディング前にここは優しく歌おうとか全部決めておいて。ヘンに力が入り過ぎないように気を付けて歌ったんですよ。あとこの1年、ずっと演歌を歌ってきたのでちょっとは慣れたのかもしれない。

――カップリングの「フライングゲット」もしっかり“演歌”になっていました。
岩佐でも今回は前回の「ヘビーローテーション」と違ってテンポが遅いだけでメロディーが原曲のままだったから、歌いにくかったです。やっぱり原曲の方が何回も歌っているから、どうしてもそっちに引っ張られちゃう。そうならないようにビブラートを大げさにつけたりして演歌っぽくしたんですよ。

高校を卒業したら制服がコスプレになっちゃう(笑)

――ソロで演歌を歌い出してからファンの反応はどうですか?
岩佐ファンの方には“うちのお母さんはAKB48の名前を誰も知らなかったけど、わさみんだけは知ってる”とか、親の世代に知ってもらえたみたいで。年齢層の高い人からの知名度はAKB48で5本の指に入るんじゃないかな。あと私を見るために演歌のイベントに行ったらほかの歌手も好きになったっていう人もいて。若い人が演歌を聴くきっかけになっているのは嬉しいですね。

――演歌層と若い層の懸け橋になっていると。ちなみにそんな“わさみん”も、もうすぐ高校卒業ですが振り返ってみてどう?
岩佐私、高校は通信だったので学校の思い出はあまりないんだけど、3年間メンバーと制服でプリクラを撮りまくったのは楽しかったです。だから今は高校生じゃなくなるのが悲しくて。だって卒業したら制服がコスプレになっちゃうじゃないですか(笑)。女子高生って貴重な時期だったなって最近、つくづく感じるんですよね。

――女子高生の良さって何だと思います?
岩佐多少のおふざけは許されちゃうとこ。ちょっと騒いでも“女子高生だからね、若いな”ってなるけど、卒業したらただのうるさい女の子達ですからね。あと今は実家暮らしなんだけど1人暮らしをしているメンバーを見ると、自分も高校を出たら自立しなきゃいけないかなとか、いろいろ考えちゃいます。

――女子高生のうちにやっておきたかったことはあります?
岩佐バイトをしたかったです。ファーストフードとか、バイト先に制服で行って着替えてみたいな、そういうのことをやってみたかったなって。でもいつかバイトをする夢は実現させますよ。

――いつするの?
岩佐AKB48を卒業して今から30年後ぐらい?でもそれだとバイトじゃなくてパートになっちゃうのかな?しかもその頃は今のお母さんと同い年ぐらい……って想像がつかない(笑)。

――確かに(笑)。じゃあもっと手前の未来、2013年の抱負を聞かせてください。
岩佐2012年は夢だったソロデビューもできて、すごく濃くて素敵な1年だったので来年はもっと成長したい。2013年は1月9日に新曲を発表し、2月には私にとって2度目の新春演歌まつりにも出演させて頂きます!歌手として技術面も内面もレベルアップしていきたいです!
(文:若松正子)

長良グループ 新春演歌まつり2013


★2月7日(水)
【場所】名古屋・日本ガイシホール

★2月9日(土)
【場所】大阪・大阪城ホール

★2月23日(土)
【場所】2月23日(土) 神奈川・横浜アリーナ

★2012年9月9日(日)
【出演】 山川豊/田川寿美/水森かおり/氷川きよし/森川つくし/岩佐美咲(AKB48)/はやぶさ/西寄ひがし
【お問い合わせ】 エイ・アンド・エイ・チケットセンター 03-5770-3665(平日12時〜17時)

⇒長良グループ 新春演歌まつり2013 公式ホームページ

関連リンク

【1stシングルインタビュー】100%ド演歌で勝負します!
AKB48 紅白対抗歌合戦フォトギャラリー
AKBが音楽シーンを牽引2012 年間ランキング
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!