2012年 CD&DVD年間ランキング発表!!ミリオン8作!AKB48とMr.Childrenがシーンを牽引
昨年ゼロだったアルバムのミリオンセラーが2012年は3作!シングルでは女性アイドルグループ全盛のなかで、新たなステージに駆け上がるアーティスト勢も!! 音楽シーンが激動の時代を迎えそうな予感が走る2013年を前に、この1年のCD(シングル、アルバム、インディーズ)、DVD(総合、音楽)、アーティスト売上ランキングをCHECK!!
AKB48、2年連続でTOP5独占!! 全作ミリオンセラー

 2年連続でTOP5をAKB48が独占した年間シングルランキング。1年前に素直に「すごい!」と驚いた出来事を、いともあっさりと2年連続でやってのけられると、驚愕を通り越して畏敬の念さえ覚えずにはいられない。リリースしたすべてのシングルが100万枚超えという快挙も同じく2年連続。まとめると、この2年間のTOP10を1組ですべて網羅し、すべてをミリオンセラーに送り込んだというのだから、完全無欠の“空前”の大記録だ。しかし、彼女たちなら“絶後”を更新し続ける可能性もまた大きい。エースの卒業、デビュー時からの目標だった東京ドーム公演の達成など、大きな節目を経験した2012年を経てAKB48はどこまで進んでいくのだろうか。

 AKB48が盤石なら、嵐の勢いにもかげりは見られなかった。「ワイルド アット ハート」「Face Down」の2作が6、7位に入り、2011年に続いて同じ順位をキープ。近年はメンバー個々の活躍も目覚ましくなり、ますます“個”と“組”との色分けが忙しくなっている彼らだが、デビュー当時からの結束力の強さが作品の完成度となって表れ、それがセールスへと結びついている。同じ事務所の後輩たちが急成長を遂げるなかにあっても、男性グループNo.1の威厳は少しも揺らいでいない。

 そんな嵐に次いで、3作を一挙にTOP10へ送り込んできたのがSKE48だ。前年のTOP10内1作から大きくジャンプアップするなど、「AKB48の〜」という説明が一切不要になった1年だったことを物語っている。そんなSKE48に引っ張られるように、NMB48もリリースした4作品がすべてTOP20入りを果たし(2011年はTOP20内2作)、明らかなレベルアップと安定感を感じさせる。ほかにもNot yet、前田敦子、渡辺麻友などのユニット、ソロ組の活躍も顕著だった2012年のAKB48関連だが、彼女たちの“公式ライバル”として登場した乃木坂46が、デビュー曲「ぐるぐるカーテン」からの3作品すべてで年間TOP30入りとなったことも、特筆に値することだろう。70年代のキャンディーズ&ピンク・レディー、80年代のおニャン子クラブ、90年代以降のモーニング娘。を経て、再び大きな女性アイドルグループの変革が起きつつある。2013年は、その動向が一層の激しさを増すことだろう。

 前述したように、新たなジャニーズ・アーティストの台頭もこの1年のエポックだったといえるだろう。とりわけ、新しいファン層を獲得するとともに、ステージを1段駆け上がったイメージが強いのが関ジャニ∞だ。コンサートのなかで育ててきたキャラクターの映画化でもある『エイトレンジャー』で、グループとして初主演を果たす一方で、自身の冠バラエティではヘタレな一面もさらけ出すなど、親しみやすさを大きく高めることで、等身大の楽曲群と見事にシンクロさせ、2011年に1曲だった年間TOP30内ランクインを、2012年は3作へと増やしてきた(エイトレンジャー名義含む)。2年目を迎え、メンバー個々のキャラクターが浸透してきたKis-My-Ft2(16位「WANNA BEEEE!!!/Shake It Up」など4作品が25位以内)や、初のアジアツアーを成功させたHey!Say!JUMP(22位「SUPER DELICATE」)とともに1年後の成長が楽しみな存在が目白押しだ。

 ほとんどアイドル1色という上位陣の中にありながら、ロックバンドとして気を吐いたのがMr.Children(23位「祈り〜涙の軌道/End of the day/pieces」)とBUMP OF CHICKEN(32位「グッドラック」)。「祈り〜涙の軌道」「グッドラック」はいずれも映画の主題歌に起用された楽曲。だが、タイアップがあったから売れたのではなく、映画の感動にも負けない「歌の強さ」「言葉の強さ」があったからこそ伝わったのだ。あらゆる人に言葉を伝えられる代表的なロックバンド、それが彼らだ。

Mr.Children&大御所アーティストのベストが旋風!!

  2011年には1枚も生まれなかった100万枚突破が3作品並んだ2012年の年間アルバムランキング。その1、2位を独占したのはMr.Childrenの2枚のベストアルバムだった。デビュー20周年を記念して発表された『Mr.Children 2001-2005<micro>』『Mr.Children 2005-2010<macro>』の2枚のベストには、21世紀に入ってからの彼らの足跡がそのまま刻み込まれている。2001年に発表した『Mr.Children1992-1995』『Mr.Children1996-2000』も同じくミリオンセラーを達成しており(ベストの年間1位は今回が初)、20年の足跡どこをとってもミリオンセラーというのは、ソングライティングの確かさやバンドとしての方向性が間違っていなかったことを示すものだろう。しかも、より近年の作品群を集めた『<macro>』の方が高いセールスを残しているのも興味深い。彼らの曲に惹きつけられるファンが増えつつあることを物語っているデータでもある。その証拠に、最新オリジナルアルバム『[(an imitation)blood orange]』が、11月末発売にもかかわらず、8位に飛び込んできた。貫録のデータといえるだろう。

 3位にはAKB48のオリジナルアルバム『1830m』が入った。前年の『ここにいたこと』では成し遂げられなかったアルバムでのミリオン達成であり、この1年にリリースしたシングル、アルバムがすべて100万枚以上を売り上げるという快挙でもある。シングルでも述べたように、2012年は彼女たちにとって大きな変化の年だったように思える。そのマイルストーンとして位置するのがこのアルバムであり、今後のAKB48の活躍度合いを測る指針ともなる。

 ミスチルは20周年だが、そのはるか上を行く大御所が2012年のアルバムシーンをおもしろくしてくれた。サザンオールスターズのデビューから30年を優に超える桑田佳祐のソロ活動をまとめた『I LOVE YOU―now&forever―』が6位。音楽をトレンドに変えてきた松任谷由実の、荒井由実時代からを含めたベスト『松任谷由実 40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。』が9位。クリエイターであり、ミュージシャンであり、プロデューサーでもある、音楽界の“匠”山下達郎の全キャリアをトレースした『OPUS〜ALL TIME BEST 1975-2012〜』が10位とそろってTOP10入り。いずれ劣らぬ“巨人”の作り上げた名作に酔いしれるひとときが幾重にもなって楽しめた1年だった。

 洋楽では、シェネルとアデルの歌声に心を震わせた人が多かったようだ。映画『BRAVE HEARTS 海猿』のテーマ曲となった「ビリーヴ」をリード曲とするアルバム『ビリーヴ』が洋楽では最上位の22位に。2012年の米グラミー賞でノミネートされた6部門すべての賞を受賞し話題となったアデルの『21』は、2011年1月のリリースにもかかわらず35位をマーク。歌の力を感じるのに洋楽も邦楽もない、ということを痛感させられるトピックではないだろうか。

 そのシェネルが注目を集めるきっかけとなったカバーシーンでは、由紀さおり&ピンク・マルティーニの『1969』が24位、BENIの『COVERS』が27位とそろって高位にランクインした。世界が絶賛した『1969』は、作品のコーディネートももちろんだが、歌謡曲のメロディラインの美しさが大きなカギ。ユーミンたちの活躍や洋楽のロングセラー同様、いい曲は時も場所も選ばないということだろう。『COVERS』もまたその定義を裏付ける完成度の高さを誇る。コ永英明が行った「女性ボーカル作品の男声カバー」の対極を行く「男性ボーカル作品の女声カバー」に着手、それもBENI自身が歌詞を英訳して歌うという絶妙なスパイスが、カバーらしからぬカバーへと昇華させた。料理の仕方次第で名曲は何度でも味わえる、ということだ。

▲このページの最初に戻る


自動車保険