• ホーム
  • スポーツ
  • 独立L愛媛の“二刀流”杉浦双亮、入団会見で決意新た「感動をあたえられるプレーを」

独立L愛媛の“二刀流”杉浦双亮、入団会見で決意新た「感動をあたえられるプレーを」

 四国アイランドリーグplus「愛媛マンダリンパイレーツ」所属でお笑いコンビ・360°モンキーズ杉浦双亮(39)が2日、同球団で入団記者会見を行い「ケガのないように感動をあたえられるようなプレーをします」と意気込みを語った。

 杉浦は昨年11月に同球団のトライアウトに合格し、先月20日には契約合意に至り正式に入団。今後チームでのポジションは投手となる。この日、同席した球団代表取締役の薬師神績氏は「杉浦さんには球団に新しい風を吹き込んでもらいたい」と期待を寄せた。

 先月入団が決まった際には球団公式サイトを通じて「今年はプロ野球選手とお笑い芸人との両立をさせて頂けることになりました! 二刀流は大変だと思いますが、40歳…毛が(怪我)無いよう精一杯プレイしたいと思います。応援よろしくお願いします!!」とコメントしている。

■杉浦双亮(すぎうらそうすけ)
ポジション / 投手
生年月日 / 1976年2月8日
出身地 / 東京都
投打 / 右投げ 両打ち 
身長・体重 / 174センチ 73キロ
経歴 / 帝京高〜帝京大



オリコントピックス