• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】B’z、カープ黒田登場曲で48作連続1位

【オリコン】B’z、カープ黒田登場曲で48作連続1位

 人気ユニット・B’zの52枚目のシングル「RED」(10日発売)が初週15.7万枚を売り上げ、6/22付週間シングルランキング1位に初登場した。シングル首位は「太陽のKomachi Angel」(1990年6月発売)から48作連続通算48作目となった。

 自身の持つシングルの「連続首位獲得作品数」(歴代2位=嵐、35作連続)と「通算首位獲得作品数」(同=嵐、通算42作)をそれぞれ更新。前作「有頂天」(1月発売)でピンク・レディーの記録を36年ぶりに塗り替え、歴代1位となった「シングル首位獲得週数記録」もさらに更新し、65週とした。

 本作は、8年ぶりに古巣の広島東洋カープに復帰した黒田博樹投手のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島での登場曲として、ボーカルの稲葉浩志が作詞、ギタリストの松本孝弘が作曲。カープのチームカラーにちなんだ『赤盤』には、松本、稲葉、黒田投手の直筆サインが寄せ書きされた“お宝CD”が100枚限定でランダム封入されていることでも話題となった。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 広島・黒田博樹投手の登場曲で48作連続48作目の1位を獲得したB’z
  • 松本孝弘、稲葉浩志、黒田博樹投手の直筆サインが寄せ書きされた“お宝CD”

オリコントピックス