ORICON STYLE

2007年02月07日
SIMON WEBBE SPECIAL INTERVIEW
SIMON WEBBE SPECIAL INTERVIEW
信念と想いが詰まった待望の2ndアルバム!!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. インタビュー映像 PLAY
3. PV「カミング・アラウンド・アゲイン」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 ブルーのメンバーとして活躍し、ソロデビュー・アルバムがヒットを記録したサイモン・ウェッブ。約1年ぶりの2ndアルバムは、早くも前作同様ヒットの予感が・・・。

聴き手に“グレース(恩恵)”と平和をもたらすことができたら嬉しい
約1年ぶりのアルバム『グレース』と名付けたのは、前作『サンクチュアリ』の延長線上にあるのだと言う。
【サイモン】 僕はとても信心深い家庭に育って、サンクチュアリとは“安らぎの場所”という意味だった。今回の曲の多くが、そのスタイルから聴き手に“グレース(恩恵)”と平和をもたらすことができたらと思ったんだ。『グレース』はごく自然な進化だし、『サンクチュアリ』と同等の作品だと思う。逆に『グレース』が先に出ていたとしても支障はなかった。強いて言うなら、『グレース』の方が少しハードかな。タフという意味でね。

アルバムタイトルにもなっている『グレース』は、母、娘、過去の関係のこと、そのすべてがこの曲を左右したという。
【サイモン】 人生には、様々な場面で自信を与えてくれる人たちがいる。特に母は僕に多大な影響を与えてくれた。長男だったから試行錯誤もあったと思うけれど、今の自分があるのも彼女のおかげだ。週4回教会に通っていたのも母の影響で、信仰の深さもあってそのうち教会で歌うようになった。それまでは自分の声に自信がなかったんだ。そうやって、一人の人間のおかげで“恩恵”を授かる人は多いと思う。だからこの曲はとても僕の心に近いところにあるんだ。

「セブンティーン」は大好きな曲で、亡くなった祖父からインスパイアされて作ったのだとか。
【サイモン】 「ハートは常に若くあれ、マインドも常に若くあれ」と、祖父がいつも言っていた。この言葉は歌詞にも出てくるんだけど、僕自身と他人の人生経験をミックスして書いた曲なんだ。17才は学校を卒業して大学に入る頃で、ほとんどの人が将来のことなんか見えてなくて。「どっちに進めばいいの?」って悩んでいる時期だと思う。でも、そうやって将来について、キャリアについて考えている人たちも、オープンな気持ちでこの曲を聴いてもらえたらいいな。自分に正直に、と言いたい。

この6年間の自分の根本について歌ってみたかった
「カミング・アラウンド・アゲイン」は自分自身について歌った曲で、タイトル通り2ndアルバムにピッタリな曲に仕上がっている。
【サイモン】 曲のアイディアは、ドイツのワールドカップでイングランド対トリニダード・トバゴの試合を観たとき、その雰囲気に圧倒されて、フットボールが人々に与える影響を改めて感じたおかげで生まれたんだ。だからと言ってフットボールだけでなく、人生においていい想い出となっているあらゆるものに関する歌なんだ。例えば誕生日、それが何才の時であれ楽しかった想い出はいくつもあるはず。だからこの曲では“フィール・グット”を表現したかった。それがアルバム『グレース』のテーマでもあるからね。多くの人がセックスのこととか歌っているけど、僕はもっとこの6年間の自分の根本について歌ってみたかったんだ。

前作『サンクチュアリ』より約1年、サイモン自身も前作より成長したと確信したアルバムとなった。
【サイモン】 前作はイメージ作りがとても大事だと思った。僕をひとりの人間としてみんなに知ってもらうためにも。あれから1年経って、1年分大人になった気がする。だから前と同じことはしたくないし、今回はオシャレな部分とラフな部分とを上手にミックスさせたかったんだ。

RELEASE

グレース
サイモン・ウェッブ
2007/02/07[アルバム]
\2,200(税込)
東芝EMI
TOCP-66635
CDを購入する

PROFILE

本名は、サイモン・ソロモン・ウェッブ。 1979年、英国・マンチェスター生まれ。 14才の時、英国・ポート・ヴェイルのプロサッカー選手養成所へ通う。アストンヴィラ、リヴァプールのユースからも声がかかるも怪我であきらめる。
19才の時、『プライド・マガジン』の“フェイス・オブ・ザ・イヤー”コンテストで優勝し、JDスポーツのモデルとして活躍。
2002年4月26日、アルバム『オール・ライズ』でブルーのメンバーとしてデビュー。
その人気は英国内だけに留まらず、全世界で1,300万枚と驚異的なセールスを記録。英国発のアイドル・グループとして、華々しい成功を収める。
2005年7月9日、英国・ウェンブリー・アリーナでのライブを最後に、ブルーの活動を休止。
2005年11月2日、アルバム『サンクチュアリ』をリリース。同アルバムで、東南アジアでのソロデビュー・アルバムの大ヒットにより『MTV・アジア・アウォーズ』の“最優秀ブレイクスルー・アクト(最優秀新人賞)”を受賞。
2007年2月7日、アルバム『グレース』をリリース。
オフィシャルサイト