ORICON STYLE

2005年08月31日
RIP SLYME 話題の新曲も収録!初のベスト・アルバム『グッジョブ!』
常にフレッシュであり続けたリップスライム5年間の集大成!
  主要な夏フェスに軒並み出演し、各地のオーディエンスたちをガッチリとツカみまくってきた2005年夏のリップスライム。そんな彼らから夏の終わりに、とびきりビッグなプレゼントが届いた。それがリップスライム、初のベストアルバム『グッジョブ!』。メジャーデビュー以降の全シングルはもちろんのこと、アルバムからの人気曲、そして「UNDER THE SUN」や「MORE & MORE」といった今現在の彼らのモードを反映した新曲、さらに初回盤にはロナウジーニョ出演のアジア版「NIKE」CMソングとしてオンエアされ、話題を呼んだ「STEPPER'S DELIGHT」のリミックスヴァージョンを収録するなど、メジャーデビュー以降のリップの軌跡を一気に辿ることができる充実の一枚に仕上がっている。
 シングルに関しては発表した年代順に収録。それゆえ4MCのラップスタイルやFUMIYAが手掛けるトラックの変遷、ひいては彼らがブレイクして、その人気を不動のものにしていくまでの過程が、どれも手にとるようにしてよく分かる。雑多な音楽的要素を自由奔放に混ぜ合わせた「STEPPER'S DELIGHT」でメジャーシーンに現れ、「One」や「楽園ベイベー」といったポップで歌ゴコロ溢れるナンバーによってヒップホップファンのみならず、ポップスファンのハートをも見事に射止め、ジャジーな「BLUE BE-BOP」で、さりげなく落ち着いた一面を垣間見せたかと思いきや、続く「JOINT」では攻撃的なドラムンベースのリズムを前面に押し出し、そうかと思えば「Dandelion」や「黄昏サラウンド」といった、ここ最近のナンバーでは、それまでの高速打ち込みサウンドとはうって変わって、生音を大幅に取り入れたオーガニックな作風を披露するなど、リップのサウンドスタイルはいつでも劇的かつ変幻自在に進化し続けてきた。そして、そうした“攻め”の姿勢を常にキープし続けてきたからこそ、彼らは過去のヒットに左右されることなく(また聴き手からも、そのイメージのみでとらわれることなく)、自由な発想で音楽的な新機軸を次々と打ち出していくことができたのだろう。
  まさしく転がる石のように、絶えずフレッシュであり続けたリップスライムの5年。転がる石には苔の代わりに、莫大な数のリスナーが付いていった。そして、もちろん、これからも彼らは、ずっと転がり続けていくことに違いない。ここから始まる第2章にも大いに期待していきたい。

『グッジョブ!』全曲解説
「STEPPER'S DELIGHT」 2001年3月22日発表。
ロックンロールからメキシコ民謡まで様々なサウンドが飛び交うメジャーデビュー曲。
「雑念エンタテインメント」 2001年6月27日発表。オリコン初登場8位。
自分達の中にあるエンタテインメント魂をテーマにしたミドルチューン。
「One」2001年10月11日発表。
彼らの名を世に知らしめたセツナ系ヒップホップの金字塔。半年間で45万枚のセールスを記録!
「FUNKASTIC」 2002年3月27日発表。
テーマはズバリ“ファンク”! 躍動感溢れるファンキーなサウンドに思わず身も心も踊る。
「楽園ベイベー」 2002年6月26日発表。
ボサノヴァ風の涼し気なサウンドが耳に爽やかな風を届けてくれる極上のサマーチューン。
「Tokyo Cassic」
自分達の生まれ育った街・東京の素晴らしさを声高らかにレペゼンした一曲。2ndアルバム『TOKYO CLASSIC』より。
「BLUE BE-BOP」 2002年11月27日発表。
さりげなく哀愁漂うジャジーな一曲。届かぬ恋をテーマにしたリリックもセツナさ満点。
「JOINT」 2003年6月18日発表。
ドラムンベースのスピーディーでアッパーなリズムを大胆に導入したダンスチューン。
「HOTTER THAN JULY」
「JOINT」同様、ドラムンベースを下敷きにしたアゲアゲのアップチューン。3rdアルバム『TIME TO GO』より。
「Dandelion」2004年3月17日発表。
生楽器を取り入れたオーガニックなミディアムチューン。彼らの新機軸ともいえる一曲。2004年3月17日発表。
「GALAXY」 2004年7月7日発表。
スペイシーなシンセ音も楽しいコズミックファンク。サントリーカクテルバーCMソング。
「黄昏サラウンド」 2004年10月6日発表。
生楽器を再び大幅に導入したメロウな一曲。4MCのラップもじんわりと心に染みる。
「マタ逢ウ日マデ」 2001年8月29日発表。
生楽器を再び大幅に導入したメロウな一曲。4MCのラップもじんわりと心に染みる。
「UNDER THE SUN」(新曲)
ノンビリとした曲調の中に彼ら特有のポップセンスがキラリ! RYO-Zいわく「夏フェス全国縦断用新曲(笑)」。
「MORE & MORE」(新曲)
2005年春、プレステ・ソフト『鉄拳5』のCMソングとしてオンエアされていた楽曲のフルバージョン。
「STEPPER'S DELIGHT」(TRICKY REMIX)(BONUS TRACK )
トリップホップの鬼才、トリッキーが手掛けた「STEPPER'S DELIGHT」のリミックス。初回盤のみに収録。
(文:望月 哲)
RELEASE
RIP SLYME グッジョブ! 【初回受注限定盤/DVD付】 グッジョブ!
【初回受注限定盤/DVD付】

RIP SLYME
2005/08/31〔アルバム〕
\3,000(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPZL-30034-5
CDを購入する
RIP SLYME グッジョブ! 【通常盤】 グッジョブ! 【通常盤】
RIP SLYME
2005/08/31〔アルバム〕
\3,000(税込)
ワーナーミュージック・ジャパン
WPCL-10212
CDを購入する
PROFILE
メンバーはRYO-Z(リョージ/MC)、ILMARI(イルマリ/MC)、PES(ペス/MC)、FUMIYA(フミヤ/DJ)、SU(スー/MC)の5名。
1993年にRYO-ZとILMARIによりその母体結成。1998年、SUの正式加入により現メンバーとなる。
1998年、ファーストアルバム『TALKIN' CHEAP』リリース。
2001年3月22日、シングル「STEPPER'S DELIGHT」でメジャーデビュー。
2001年7月25日、アルバム『FIVE』リリース。初登場6位獲得。
2001年10月12日、初の全国ツアースタート全国7ヶ所8公演。
2002年、シングル「FANKASTIC」「楽園ベイベー」が共に初登場2位獲得、スマッシュヒットとなる。
2002年7月24日、アルバム『TOKYO CLASSIC』で初の首位&2週連続首位獲得。
2002年11月27日、シングル「BULUE BE-BOP」で初の首位獲得。
2003年7月16日、アルバム『TIME TO GO』 で首位獲得。
2003年7月20日、HIPHOP初の5万人規模の野外ライブ“SUMMER MADNESS '03”を東京・昭和記念公園で行う。
2004年、シングル「Dandelion」「GALAXY」、「黄昏サラウンド」、アルバム『MASTERPIECE』リリース。いずれもTOP5入りを果たす。
2005年8月31日、初のベスト・アルバム『グッジョブ!』リリース。

オフィシャルサイトへGo