ORICON STYLE

素晴らしい楽曲に仕上がったと自負しています

――ついに日本デビューシングル「Never let you go〜死んでも離さない〜」がリリースされましたね。 【チョグォン】 本当にこの瞬間を待ってました!

――おめでとうございます! 【一同】 ありがとうございます。
【チョグォン】 初の日本語での歌唱だったので、発音を完璧にするために、とにかく練習を一生懸命がんばりました。
【スロン】 レコーディングの当日、本当に歌い始める直前までスタッフの方に指導してもらったんです。

――完璧です!まさに練習の成果ですね。 【チョグォン】 (満面の笑みで)ありがとうございます。正直、出来上がったものを聴くまでは、不安な部分もあったんですけど、今の自分達が精一杯できることはやれたと思います。
【スロン】 自分達が思う以上に周りの人から「ナチュラルで聴きやすい」と言ってもらえて。すごく励みになりましたし、安心しました。
【チョグォン】 でも、まだまだ日本語は難しくて。もっと頑張って勉強しないといけないと改めて思いました。
【チャンミン】 僕たちはほかの韓国のアーティストと違って、歌とパフォーマンスで魅せるというよりは、じっくり歌で聴かせる、歌唱力でアピールするグループなので、特にちょっとでも発音が悪いと曲全体のイメージを崩しかねないので、いつも以上に神経を集中させて、細かいところまで気を配りながら歌いました。

――ちなみに日本語の発音で、とくに苦労した言葉は? 【ジヌン】 “たちつてと”や“ぼく”。
【スロン】 “ずっと”。
【チョグォン】 あ〜上手ですね。僕はどれも難しかったです(苦笑)。

――特に“ずっと”は、<死んでも君をずっと 離したくない>と曲のラストを飾る、キーになる言葉ですもんね。 【チャンミン】 そこをうまく表現できなかったらすべてが台無しになってしまうので、特に慎重に丁寧に歌いました。
【ジヌン】 でも、ただ日本語の発音を完璧に歌えばそれでいいというのではなく、そこに感情を入れて歌わないと楽曲のイメージがちゃんと伝わらないので、日本語の発音+歌詞の内容も理解しながら気持ちを込めて歌いました。なので、2倍の苦労がありましたが、そのぶん素晴らしい楽曲に仕上がったと自負しています。

――なんと韓国史上最高のダウンロード数を誇る2AMを代表する大ヒット曲ですよね。 【ジヌン】 あっ……はい(照笑)。日本でもすでに知ってくださっている方がたくさんいるので、できるだけイメージを変えないようにというのは意識しました。

――今作を聴き終えたときに、また違った切なさとさらなる感動を味わうことができて。しかも、メロディーと日本語のはまり具合が絶妙なんですよね。 【チョグォン】 そう言っていただけてすごくうれしいです。
【ジヌン】 実は歌詞も、ほぼ韓国のものに近い内容にしているんです。
【チャンミン】 愛する人へのひたむきな想いを綴っているという点では一緒なんですけど、韓国だとちょっと直接すぎるところがあるので、文化の違いもあるんでしょうが、日本では多少オブラートに包んで表現しています。

記念すべき日本デビューシングルで、久保田利伸の曲をカバー

――確かに、それが日本独自の奥ゆかしさ、控えめさだったりしますからね。とはいえ、今作ではそれでもかなりストレートな愛情表現がされているなと。逆にそこが新鮮で、好感持てるところなんですけど。 【チャンミン】 タイトルが「死んでも離さない」ですからね。

――そこまで言われることって滅多にないといいますか。プロポーズの言葉でもなかなかないような気が。 【チョグォン】 日本の女性はそう言われたら、うれしいですか?

――うれしいどころじゃないですよ。 【チャンミン】 ぜひ日本の男性は、日本の女性にたくさん言ってあげてください(笑)。あっちなみに、どんな男性に言われたらうれしいですか?

――逆にみなさんはどんな女性に言いたいですか? 【一同】 (笑)
【チョグォン】 優しくて、かわいい方がいいです。
【ジヌン】 僕は背が高くて優しくて、綺麗な方がいいですね。
【スロン】 猫みたいな人がいいですね。
【チャンミン】 じゃあ、僕はワンちゃんみたいな人(笑)。綺麗というよりは可愛い人、愛らしい人が好きですね。

――その人に、みなさんはストレートに自分の想いを告げますか? 【一同】 もちろんです!
【チャンミン】 ちゃんと自分の気持ちは相手に伝えないと、お互いにわかりあえないですから(笑)。ぜひ好きな相手がいる方は、その相手を思い浮かべながらこの曲を聴いてほしいです。そうするとより深く、心に染み渡ると思います。

――あと、久保田利伸さんの楽曲「Missing」をカバーされていますが。そもそもチャンミンさんは久保田さんのファンでいらっしゃるんですよね。 【チャンミン】 はい。大好きです(笑)。まさか僕たちの記念すべき日本デビューシングルで、久保田さんの楽曲をカバーできるとは思ってもみなかったので、本当に光栄です!

――それだけにレコーディングはいつもとは違った緊張感がありました? 【チャンミン】 この曲は僕達だけでなく、久保田さんのファンの方、日本のリスナーの方にも愛されている名曲なので、やはり僕たちがそのイメージを壊すわけにはいかないと、いつも以上に神経を使いましたね。

――実際にお会いしたことはあるんですか? 【チャンミン】 まだなんですけど、久保田さんのコンサートが、僕たちの日本のプロモーションの時期とちょうど重なっているので、ぜひそのときに久保田さんとお会いできたらと思っています。
【チョグォン】 早く会いたいです〜。

――久保田さんと会えたら、最初に何と声をかけますか? 【チャンミン】 きっと緊張して何も言えないと思います。

⇒ 次のページへ【メンバーの犬が!!子供の頃&今の夢とは?!】

(文:星野彩乃)

RELEASE

Never let you go 〜死んでも離さない〜【初回生産限定盤A】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! Never let you go 〜死んでも離さない〜【初回生産限定盤A】
2AM
2012/01/11[シングル]
価格:\1,800(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-298/9

Never let you go 〜死んでも離さない〜【初回生産限定盤B】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 Never let you go 〜死んでも離さない〜【初回生産限定盤B】
2AM
2012/01/11[シングル]
価格:\1,600(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-300

Never let you go 〜死んでも離さない〜【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) Never let you go 〜死んでも離さない〜【通常盤】
2AM
2012/01/11[シングル]
価格:\1,200(税込)
アリオラジャパン
品番:BVCL-301

PROFILE

2AM(トゥーエーエム)
チョグォン、ジヌン、チャンミン、スロンによる韓国コーラスグループ。グループ名は、1日に起こった多くの感情と感覚を振り返る時間である深夜2時にちなんでいる。2PMとは兄弟分。
2008年7月に『この歌』でデビュー。
2011年11月9日、韓国1stアルバムの日本仕様盤『Saint o'clock 〜 JAPAN SPECIAL EDITION 〜』をリリース。
2012年1月11日、シングル「Never let you go 〜死んでも離さない〜」で日本デビュー。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

BACKNUMBER

▲このページの最初に戻る