ORICON STYLE

「感情」と「理論」のバランス

SEKAI NO OWARI 中島真一、深瀬慧、LOVE、藤崎彩織(左から)

――「INORI」に収録する3曲は、「花鳥風月」は藤崎さんが作詞で深瀬さんが作曲。「不死鳥」は深瀬さんが作詞で中島さんが作曲。「Never Ending World」は作詞が深瀬さんで作曲が藤崎さん。3人のソングライターの魅力がたっぷり発揮されているシングルですね。 【深瀬】 3人が作曲できるので、まあチームでやろうかなと。

――「花鳥風月」は、郷愁を誘う和テイストのメロディーが新鮮でした。 【深瀬】 何回も聴いていくうちに、聴いていたときそれぞれの風景とか記憶が封じ込められていく音楽って、あると思うんです。そういうものにしたかった。曲や歌詞に衝撃があり過ぎると、そういうものにはなりにくいと思うんですよ。音作りはそこを心がけました。

――歌詞も素敵です。何かを得ることに伴って何かを失う。そのジレンマを描いていると解釈したんですけど。 【藤崎】 解釈は人それぞれで良いんですけど、個人的な話をするのならば……わたしは「理論」と「感情」のバランスに悩んでいたんです。わたしは感情的な人間で、すぐにキレたりする。それで何度もバンドが解散しそうになったり(笑)。そういう自分の性格に悩んだ結果、わたしが得たのは「こういうときはこういう風に振る舞っちゃいけない」っていう「理論」。でも、そうやって整理して生きると、悲しいと思う理由がなくなっていく。感情がなくなっていくような感覚になりました。それって怖い。無感情になると、何かを大事にすることもできないから。とはいえ、「感情」と「理論」のどちらかに寄れば良いということでもない。両方の間を行き来するサイクルを続けていくしかないんだなって思ったとき時の歌詞ですね。難しく言うならば。

――音楽にも当てはまる話じゃないですかね。音楽理論に縛られ過ぎると、自由な発想が出てきにくいようですし。 【深瀬】 そこは戦いですよ。まあ、俺は音楽理論をよく分かっていないんですけど(笑)。
【藤崎】 でも、アレンジとかするうえでは、理論は誰も知らないわけにはいかないんですよね。そのバランスは難しい。

――SEAKI NO OWARIは、「感情」と「理論」がバランス良く成立しているバンドじゃないですか? 【深瀬】 そうかも。感情的になって泣いたり笑ったりするのはLOVEだけ?
【LOVE】 そうだね(笑)。歌が入ったのを聴いて涙が出たりするんですよ。
【藤崎】 こっちでは「2点だ!」とか言っている最中に(笑)。
【LOVE】 「2点?じゃあ俺の涙は何?」みたいな(笑)。

バンド内の役割分担のバランス

――(笑)バンド内の役割分担のバランスがすごく良いのかも。4人それぞれの役割って、具体的に言うと? 【藤崎】 なかじん(中島)はアレンジ。
【中島】 あと、レコーディングでピアノ以外の楽器を弾きまくります。
【深瀬】 俺は曲を決めたりします。みんなが送ってきた曲を聴いて浮かんだイメージをなかじんに伝えて、なかじんが具現化していく。「良い曲」ってことを考えて、みんなをプロデュースしていくっていう役割ですね。彩織ちゃんはレコーディングのディレクター。
【中島】 あと、ライブのディレクター。
【藤崎】 ライブのセットリスト、SE、MCとかを決めていますね。
【深瀬】 で、LOVEは、楽器の音を選んでいる。昔から楽器をいろいろ持っているやつだったので。
【LOVE】 弾かないんだけど。「この音、良い!」ってだけ(笑)。僕はなかじんがアレンジした曲に対して、一番合いそうな音を選んでいますね。思ったことをレコーディングの日にぶつけてみる感じです。

――料理で喩えると、調味料担当ですね。 【深瀬】 そうですね。俺はメニューを決める担当。彩織ちゃんは具材を決めたり、切ったり、盛り付けをしたりしている感じ。なかじんは料理を作っているコックさん。
【LOVE】 じゃあ僕はインド人担当だ。調味料だから(笑)。

――(笑)素晴らしいチームワークですね。 【深瀬】 でも、自然とこうなったわけではないんですよ。
【藤崎】 リーダー(深瀬)が暇そうなやつを捕まえて、「これをやって」というポジションをそれぞれに渡していったので。人の才能を見抜いて育てるのが上手いんですよ。
【深瀬】 俺が面倒くさがり屋だからだと思う。自分でやりたくないから。「家を自分で掃除するくらいだったら、掃除する人を住まわせればいい」っていう発想(笑)。

つづきを読む⇒【バンド“改名”の真相!?】
(文:田中 大)

RELEASE

INORI INORI
SEKAI NO OWARI
2011/08/17[シングル] ¥1,260(税込)
トイズファクトリー TFCC-89337 CD購入(Amazon) CD購入(HMV)
このCDについて語ろう! 着うた®配信

PROFILE

SEKAI NO OWARI
深瀬 慧(Vo)、藤崎彩織(Pf)、中島真一(Gt、Sound Produce)、LOVE(DJ)の4人による、ベーシスト&ドラマーレスのロックバンド。
2010年4月7日、デビューアルバム『EARTH』をリリース。一躍、音楽シーンの内外からの注目を集め、夏フェスなどのイベントに多数出演する。同年11月より、全国11ヶ所のワンマンツアーをスタート。ファイナルを東京・渋谷C.C.レモンホールで行う。初の日本武道館公演も決定している(2011年11月22日)。
2010年11月3日、シングル「天使と悪魔 / ファンタジー」をリリース。8位を獲得。
2011年8月17日、シングル「INORI」でメジャーデビュー。

ARTIST PAGE  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る