ORICON STYLE

まさか日本で歌えるなんて!

ミゲル ミゲル

――このところ何度も来日しているミゲルくん。日本はどんなところが楽しい? 【ミゲル】 確かに何回か来ているんですけど、なかなか時間がなくてあちこちを見て回る時間はないんですよね。来日するとテレビに出演したり、インタビューに答えたり、みなさんの前で歌ったり…。それでもう帰る時間になっちゃいます。

――その少ない時間の中で、好きになった日本の食べ物とか、行きたい場所はできましたか? 【ミゲル】 食べ物はしゃぶしゃぶが美味しいです。あとはとんかつとメロンパン、それに枝豆も好き!行きたい場所は、前に来日したときにディズニー・ランドには連れて行ってもらえたので、今度は(ディズニー・)シ−に行きたい!それとシルクドソレイユも観に行きたいです。でもまだまだ、日本を楽しめていないので、色んな場所に行きたいです。

――多忙な来日期間中、様々な場所で歌ってますが、日本のお客さんはどんな印象ですか? 【ミゲル】 ファンのみなさんの前で歌うのはとても楽しいです。それにすごく温かく迎えてくれるので嬉しいですね。夢が叶ったのを強く感じられる瞬間でもあります。歌うようになってから、海外でも歌ってみたいという夢もあったんです。でも今の自分は想像もしていなかったんですね。まさか日本で歌えるなんて!みなさんに感謝しています。

何事にも一生懸命で取り組みたい

ミゲル ミゲル

――『消臭力』のCMで日本でもファンは急増中ですしね。そのCMソングも収録したアルバム『しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです』が完成。日本の名曲の数々を歌われていますが、選曲のポイントは? 【ミゲル】 聴いてくれるみんなに喜んでもらえて、楽しんでもらえる曲です。しかもそれを色んなジャンルから選ぼう、と思っていました。

――全て日本語ですし、歌うのも大変だったと思うんですが、特に難しかった曲は? 【ミゲル】 「浪漫飛行」です。何度も何度も聴いて練習しましたし、歌詞をポルトガル語で訳してもらって意味を理解して歌おうと頑張った1曲です。日本語で歌うという意味では全ての曲が難しかったんですが、通訳さんやプロデューサーと発音を何度も確かめて歌うことで、自分の中でも“やればできる”ことを確信できたし、みんなにも伝えられると思いましたね。

――そのアルバムが完成した今の感想は? 【ミゲル】 色々と思い出します。特に「翼をください」はミュージックビデオも撮ったし、歌っていて本当に気持ちがいいので思い入れも深いですし、『消臭力』で多くの出会いもあった思い出の多い1曲だな、と感じたり。僕自身、このアルバムを聴くと元気になれるので、みなさんにも楽しんでもらって元気になったもらいたいです。

――夢を叶えた、というミゲルくんが思う「夢を叶えるために必要なこと」とは? 【ミゲル】 頑張ること。一生懸命に取り組むこと。初心を忘れないこと。それと前向きな気持ちも必要ですね。周りのサポートも大事なので、周囲の人たちへの感謝も大切にすることだと思います。

――そんなミゲルくんの今後の目標は? 【ミゲル】 2011年にはたくさんの出来事があったし、多くを学ぶことができたし、すごく楽しい時間だったんですね。今後は色んなコンサートやショウをやりたいし、日本にもまた何度も来たいです。それにまたCDも出せるように頑張りたいと思っています。あと学校の勉強も頑張りたいですし、何事にも一生懸命で取り組みたいですね。

(文:えびさわなち)

RELEASE

THE MUSEUM II【CD+Blu-ray盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです
ミゲル
2011/11/30[アルバム]
価格:\2,200(税込)
ユニバーサル ミュージック クラシック
品番:UCCS-1147

しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです【スペシャル・エディション盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです【スペシャル・エディション盤】
ミゲル
2011/11/30[アルバム]
価格:\2,700(税込)
ユニバーサル ミュージック クラシック
品番:UCCS-9032

PROFILE

1998年11月21日、ポルトガル生まれ。本名ミゲル・ゲレイロ。
2011年4月より『消臭力』のテレビCMに出演し、一躍注目を集める。
2011年7月にT.M.Revolutionとの共演による『消臭力』の新CM撮影の為、初来日。
2011年11月30日、アルバム『しあわせソングス★はじめまして、ミゲルです』で日本デビューを果たす。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る