ORICON STYLE

2010年07月28日

日常の中で感じたことや経験したことを歌詞に・・・

――新曲「if」は、『劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー』の主題歌となってますね。 【西野】 『NARUTO』は、世界でも人気のアニメなので、その主題歌に私の曲が選ばれたのはすごいことだなって思います。だから、そんなアニメの主題歌を歌えることはすごく誇らしいことだし、純粋にうれしかったですね。

――今回主題歌ということで、歌詞を書くにあたって意識したことはありますか? 【西野】 主題歌を意識してというよりは、アルバム『to LOVE』を制作しているときに、同時進行でこの曲を作っていたんです。

――そうだったんだ。だけど、歌詞を読むと、親子の絆を描いた物語の内容とすごくリンクしていて。そこにカナちゃん自身の日常を重ね合わせて書かれたのかな?って思ったんだけど。 【西野】 まさにこの曲は運命の出会いを描いた曲なんですけど。それもまた運命なのかなって(笑)。テーマとしてはすごく大きくて計り知れないんですけど、視点はあくまでも日常に近いものにしたいなって。

――だからこそ、聴いている人も曲に感情移入しやすいしね。 【西野】 やっぱり私が歌詞を書くにあたって大事にしていることは、自分が日常の中で感じたことだったり、経験したことだったり、こうなったらいいなっていう願望だったりするんですね。そうじゃないと自分自身が歌っていて曲の中に入り込めないですし、聴いてくれる人にまっすぐに届かないと思うんですよね。

――楽曲の世界観もすごく壮大で温かいよね。しかも、そこに強さがプラスされているという。 【西野】 歌詞の内容も温かくて、同じ空だったり、星だったり……例えているものや気持ちの持ち方がすごく先で、広いところを見ているから、レコーディングのときは自分の気持ちも同じように大きく持って歌いました。でも、歌いながらフレーズを少し変えてみたりと、今回はメロディーにぴったりはまる言葉が見つかるまでに結構時間がかかってしまって、苦労しました。

――確かに、メロディーに起伏があって。だからこそ、より強さが際立つという。まさに感情の起伏をそのまま表しているかのような。 【西野】 イメージとしては、1人で佇んで、あのときああだったら、こうしていたら、こんな感じだったのかなって。一瞬の時間、出来事で運命って変わってしまうと思うんですよね。そうやっていろんなことを振り返りながらも、そこから前を向いて強い気持ちを抱く、サビまでの映像がすごく見えていたので、そこに自分を重ねて……というか、自分が振り返っている姿を見ながら、想像しながら歌いました。

――つまり主人公のカナちゃんと、俯瞰(ふかん)からその姿を見ているカナちゃんの2人が存在していたと。 【西野】 そうですね。あと、今回は私以外にゴスペルクワイヤーの方にも参加していただいたんですけど。そのおかげでさらに大きな世界観だったり、曲に温かみが増しました。

――生のゴスペルはどうだった? 【西野】 それが学校で……レコーディングに立ち会うことができなかったんです。だけど、録音されたものでも、1人ひとりのパワーが伝わってきて。それがよりみんなの声でソウルフルにもなって、強い気持ちとか信念みたいなものが出せたかな、と。

――まさにこの曲も、そうやってまたたくさんの人たちに伝わって、聴いた人達のパワーや心を揺さぶるものになるだろうね。 【西野】 そうなってくれたらすごくうれしいですね。

家族との絆や仲間たちとの出会いの大切さを感じてもらえたら

――ちなみに最近、運命を感じた瞬間はある? 【西野】 えっ?う〜ん……どうなんだろう??

――歌詞にもあるように、友達と同時にメールを送っていたり、自分が電話かけようかなって思った瞬間にかかってきたりとか。 【西野】 きっと気づかないうちにそういう瞬間はたくさんあると思いますね(笑)。あと、タイミングってあるんだなってすごく感じますね。こうやって今のお仕事しているのも運命なのかなって思いますし、人との出会いもこれまで何気なく感じていたけど、実は運命に導かれているのかなって。

――偶然が実は必然だったという。 【西野】 この曲は恋人のことを描いているんですけど、出会ったのには絶対に意味があると思うし、きっと2人でもそういう話をするんじゃないかなって。

――“口癖やしぐさも似てきた2人”とか、出会った2人が一緒に同じ時間を過ごしていくことで変わってくる関係性だったり、時の経過もこの曲から感じられるよね。 【西野】 きっと聴く人によっていろんな捉え方がこの曲ではできると思うんです。もしかして曲だけを最初に聴いた人は、恋愛ソングとして運命の相手、彼氏や彼女を思い浮かべながら聴いてもらえると思いますし、『NARUTO』から聴いていただけた方は、もしかしたら、今回初めて西野カナの曲を聴くという方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、この曲を通して家族との絆だったり、仲間たちとの出会いの大切さを感じてもらったり……本当にいろんな世代の方に曲の中に深く入って聴いてもらえると思うので、ぜひたくさんの方に「if」が届けばいいなって思います。

――また新たな西野カナが構築されていますね。ちなみにこの夏の予定は? 【西野】 夏は学校が夏休みなので、いろんなフェスに出る予定です!そのときにはこの曲も披露していけたらいいなって。あと、自身のツアーも行うことが決まったので、ぜひみなさんこの夏も西野カナにいっぱい注目してください!(笑)。

(文:星野彩乃)

劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー

劇場版NARUTO-ナルト-疾風伝 ザ・ロストタワー

【STORY】
ナルトは抜け忍・ムカデを廃墟に追いつめたが、ムカデに開放された龍脈の力に飲み込まれ、過去の時代にタイムスリップしてしまう!気がつくとそこは千の塔の街、繁栄を謳歌している時代の「楼蘭(ろうらん)」だった!!一方、その時代。極秘任務を受けたミナトは「楼蘭」に向かい、女王サーラと「楼蘭」に迷い込んだナルトと出逢う。ミナトは2人に、未来から来た忍ムカデが大臣になりすまし繁栄の源・龍脈の力を手に入れて、この時代を支配しようとしていることを伝える!!果たして、街の未来は?ナルトは、元の時代に帰ることができるのか?この出逢いは運命を変えることができるか?

【CAST&STAFF】
原作:岸本斉史『NARUTO-ナルト-』
(集英社『週刊少年ジャンプ』連載)
監督:むらた雅彦
製作:劇場版NARUTO製作委員会(テレビ東京・集英社・ぴえろ・アニプレックス・電通・バンダイ)
うずまきナルト:竹内順子
波風ミナト:森川智之

【公開日】
2010年7月31日(土)全国東宝系ロードショー

Official Site

Release

if if

if
西野カナ
発売日:2010/08/04[シングル] 価格:\1,223(税込)
SME Records 品番:SECL-891

CD購入語ろう着うた

Profile

1989年3月18日、三重県出身。
2005年、Sony Music主催のオーディションに参加。約40,000人の中からレーベルの目に留まりメジャーデビューが決定。
2007年、デビューへの準備を進めながら、同時に英文学を学ぶため大学に進学。
2008年2月20日、シングル「I」でメジャーデビュー。
2008年9月、シンディ・ローパーの12年ぶりのジャパンツアーで、オープニングアクトを務める。
2009年2月、三重県史上最年少の“観光大使”に任命される。
2009年3月、TERIYAKI BOYZRで活動中のWISEがフューチャリング参加したシングル「遠くても feat.WISE」をリリース。
2009年6月3日、シングル「君に会いたくなるから」をリリース。
2009年6月24日、アルバム『LOVE one.』をリリース。
2010年6月23日、アルバム『to LOVE』をリリース。
2010年8月4日、シングル「if」をリリース。

Artist Page Community Live Information Official Site

▲このページの最初に戻る